読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

メラニズムのライオンはいない、フォトショップの世界

国内ニュース twitter

今年もいよいよ終わりです。みなさんはどんな年でしたか? 今年最後の記事は、こんなもので締めたいと思います。

otanew.jp

アルビノ、という身体が真っ白になってしまう変異は知られていますが、逆に真っ黒になってしまうメラニズム、というものがあるんだとか。

 

調べてみると、いろいろな写真が出てきますけど、はたしてその全てがホンモノなんでしょうか?

 

記事にはこんな写真があります。

 

f:id:ibenzo:20151231230246j:plain

 

クロヒョウというやつですかね。画像で検索をかけると、いろいろ出てきますが、いちばん古いのは2010年9月の記事。ファッション的な画像を集めるサイトですか。

Daily Inspiration…andreadolce.wordpress.com

 

背景的にどこかの動物園のヒョウだと思うんですが、これより前の画像が見つからないので、なんとも言えません。ただ、クロヒョウ自体は存在するので、ちょっとキレイすぎるきらいはありますが、不自然な写真ではないでしょう。

 

たとえばこんな写真もあります。

f:id:ibenzo:20151231232521j:plain

 

おー、あまりにも真っ黒なんで、アヤシイ感じがしますが、調べてみると本当にこんな品種があるんですね。

commonpost.info

アヤム・セマニという品種で、本当に真っ黒ですね。ほえー。

 

あとはこんなワニ。

f:id:ibenzo:20151231232911p:plain

これはクロカイマンという種類のようで、この写真はちょっと黒が強調されすぎのような気もしますが、以下によると2004年のものだとか。

File:Buberel cayman 3.jpg - Wikimedia Commons

こういう動画もあるので、どうも黒いワニのようですね。

www.youtube.com

 

さて、元記事にはありませんが、巷にはこんなライオンの画像もあります。

f:id:ibenzo:20151231234408j:plain

残念ながらこれはニセモノのようで、元はこの画像です。

f:id:ibenzo:20151231234614j:plain

vilingstore.net

上記記事によると、ライオンのメラニズムはまだ発見されていないんだとか。ふーん、なるほどー。

 

さて、ライオン以外はどうも存在するようではあるのですが、しかしニワトリやワニのように、変異ではなくひとつの属として存在するものも「メラニズム」というくくりにしていいのかな、という疑問はありますが、詳しくないのであまり口は挟みません。

 

 

とりあえず、今年の記事はここで終わりです。これからも、世の中の白黒をはっきりつけられるように、がんばっていきたいと思います。うまいことを言ったところで、みなさまよいお年を。