読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

【100記事記念】PVは少なかったけどがんばって書いた記事の紹介

f:id:ibenzo:20160222011115j:plain

おかげさまで当ブログも、前回の記事で100記事になりました。ちょうど1年で100記事ということで、まったく世のブロガーさんたちから比べれば、亀のような歩みの鈍さです。

 

で、時にはバズったりして、びびる数のPVになるときもあるのですが、基本はゆったりした流れの当ブログ。ゆったりしすぎて「誰もみてねーんじゃねえの?」という記事も時には書いてしまいます。

 

本日は、そんな日の目を見なかったけど、けっこうがんばって書いた記事をご紹介したいと思います。

  

***

 

ibenzo.hatenablog.com

ブログを立ち上げて2つ目の記事。

ジンバブエのハイパーインフレーションを象徴する札束を抱えた男性の写真を取り上げた記事。池上彰先生の番組で、この写真を「パン一斤を買うため」と説明していたんですが、「それは違う!」と、細かく説明した記事。

あの天下の池上彰先生の番組の誤りを正す!と、鼻息荒く書いた記事だったんですが、あまりにもニッチな需要だったらしく、無残な結果に終わりました。

 

 

ibenzo.hatenablog.com

ずいぶん昔に、「お金持ちの男性」だけを信じる香ばしい女性のツイートが話題になったので、そのときの検証記事。タイトルはリライトしました。

結果、状況証拠ながら、「ネタアカウントだろう」という結論に達したわけですが、みんなもそう思っていたのか、反響はあまりなく。しかし、このツイートの人、まだ続いているとは思わんかった。

 

ibenzo.hatenablog.com

東京五輪のエンブレムの話でちょっとバズったので、調子に乗って書いた記事。ペスタロッチという昔の教育学者の逸話として流布されている話の信憑性について書きました。タイトルはリライトしています。

結果、「恐らく戦後の国語教科書の話が元ネタだろう」という結論に至り、史実ではなさそうだとなりました。個人的にはなかなか大発見だと思ったのですが、いかんせん、ちょっとマイナーなネタすぎました。

 

ibenzo.hatenablog.com

排水溝に落ちるカモの親子の写真の元ネタを探した記事。

リンク切れを起こしていたものの、撮影したと思しき人のコメントや、幻の1枚目の写真も見つけたんですが、あんまり言及されず。どこかでまた、このカモの写真が話題になる日を待っています。

 

ibenzo.hatenablog.com

グッドデザイン賞の話。現委員長の深澤直人氏が、昔の作品で「自分で自分に賞をあげちゃってる」ことを発見した記事。ちょっと下心が見透かされた記事だったのか、不評でございました。

 

ibenzo.hatenablog.com

黒人の少年がにらめっこしただけで停学になって「人種差別だ!」ともめているというアメリカの話の検証記事。

結局、「黒人の少年の停学は1日だけで、いっしょにいた白人の少年も同様の処分だった」という、人種差別的なニュアンスは創作されたものだ、という結論に至ったものでした。けれども、こういうニュースは一過性のものなので、旬を過ぎすぎてしまっていました。

 

ibenzo.hatenablog.com

ジブリネタなら鉄板だろうと、何度もDVDを見返し、とっても時間をかけて書いたわりには、ちょっと尻すぼみな感じになってしまいました。「英語版のパズーは『船長!』言い過ぎてる」とか、「英語版の終わり方はアメリカンジョーク」なんてネタは、ジブリファンにはたまらないと思ったんですが・・・。

 

ibenzo.hatenablog.com

最近の記事でも失敗していて、スプートニクの「悪人の脳みそは善人より小さい」という内容の記事が、誤訳どころの騒ぎじゃない間違いだ、という内容でした。

「こりゃスプートニクからお詫びのメールをもらえるかもなあ、うへへへ」と思っていたら、まったくの鳴かず飛ばずでございました。スプートニクも記事を訂正せず。

 

 

こうやって過去の記事を見返していると、いわゆる「狙った」記事は、思ったより受けないなあという感じがします。うーん、私欲におぼれず、まじめに書きなさいということでしょうなあ。というわけで、当ブログをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。