読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

エアロスミスはたい焼きで解散危機に陥ったのか、伝説の再生産

およげたいやきくん [EPレコード 7inch]

 

さて、こんなツイートが話題を集めています。

otanew.jp

エアロスミスのメンバーは全員たい焼きが好きだそうで、日本での公演の帰りに「大量に買い込んだ」のですが、機内で「誰かが全て食べてしまい」、「スティーヴン・タイラーが激怒、あわや解散かと思われる大喧嘩が発生した」とのことです*1

 

以上のことが「たい焼き」のwikipediaに掲載されているのですが、しかしですなあ、そのソースが以下の2009年の日経BPの記事なんですけれども、

pc.nikkeibp.co.jp

コラムニストの「ダンナ」が「そこで大げんかになってしまった、ということらしい」という話をしてくれたんだー程度の話を書いているだけであり、ググってみてね、とたい焼きの話は締めくくっているので、ソースとしては役に立たないシロモノです。

 

では、本当にエアロスミスたい焼き解散危機は存在したのかどうか、そこんところを調べてみました。

 

***

 

たい焼きは全て食べられてはいなかった

 

スティーブン・タイラー自身がしゃべっている内容が存在すればいいなーと探してみたら、なんと、2013年8月7日の「スッキリ!!」に出演していて、そこでたい焼き解散騒動について触れておりました*2

 

リスニングはすごい苦手なんですが、なんとかスクリプトを書き起こしてみました*3

 

たい焼きで解散危機になったことがあるのか、と聞かれ*4

 

Steven: I was...the funs know I love this and they give me boxes and boxes.

えー、ファンは僕がたい焼きを好きなことを知っているから、箱ごとくれるんだよね。

S: I was taken  in a plane it back to US,

で、それをアメリカに飛行機で持って帰ろうとしたんだけど、

S: and ,*you don't know*, when I take it in the plane, so pilot takes support,

それでさ、飛行機に持っていくときにパイロットが持ってってくれたんだけど*5

S: and then, they let it on the seat and the band *** thanxed  "good serve" "

それで、それを座席に置いといたら、「ごちそうさま」ってバンドの連中が言ったんだよ!

S: and I *** expensive TAIYAKI, watch, don't like it, I prefer this.

高級たい焼きだけが残っちゃってさ、僕はそれより普通のたい焼きの方が好きなのに。

 

これを聞く限りでは、「大量に買い込んだ」のではなく、ファンからもらったたい焼きを持って帰ろうとし、「誰かが全て食べてしま」ったのではなく、自分の好きな普通のたい焼きを全て食べられてしまった、からケンカになった、という話のようです。

 

細かい部分は違いますが、たい焼きを帰りの飛行機で食べられてしまった、という話は存在するようです。

 

 

どこが話のネタ元か

 

話自体は存在するとして、この話は日本語圏でしか広まっていません。どこかに元ネタがあるはずです。

 

ググって見ると、検索できる最後の「たい焼き解散未遂事件」は2007年6月22日になります。

 

blog.goo.ne.jp

 

上記には

 

エアロ+スタッフみんなの大好物であるタイヤキ。
それを箱買いして母国へ帰宅……のはずだったんだど


箱買いしたのを飛行機内で食べつくされて
解散の危機に陥った……。

 

という記述が見えます。これより前には存在しないので、どうもこの辺りでインタビューやらコンサートやらで披露されたネタなんではないでしょうか*6。「解散か」みたいな話も出ていたと思うので、そのことに対するジョークな答え方だったのかもしれません。

 

この出来事自体はいつの話か

では、この出来事はいつの話なのか。

まーちょっとわかりませんが、実はソニーの公式の来日レポートがいくつか残っています。

 

Sony Music Online Japan International - Aerosmith -

 

たとえば上記は2001年3月からの来日レポートですが、そこには、メンバーのジョーが「飛行機の中で食べる」ために「大好物たいやきも10個購入」したことが書かれています。この時のライブは、スティーブンとは別々に帰国したとの事なので、この年の話ではないと思われますが、この頃は既に「飛行機の中で食べる」ためにたい焼きなんかを買うようになっていたわけです*7

 

来日レポートは調べた限りでは以下の通りです。

Sony Music Online Japan International - Aerosmith -(1998.3)

Sony Music Online Japan International - Aerosmith -(1999-2000)

Sony Music Online Japan International - Aerosmith -(2002.1)

Sony Music Online Japan International - Aerosmith - (2002.6)

 

このうち、スティーブンが誰かしらのメンバーと帰ったと思われるのは「1998」「2002」のみ。個人的にはたい焼きの話がたくさん出てくる「1998」のツアーのときを推したいですが、こればっかりはわかりませんね*8

 

今日のまとめ

①スティーブン・タイラーの口から、たい焼きでケンカになったという話は出ているが、「誰が買った」「全部食べたか」という点で、現在の話と差異がある。

②「たい焼き解散未遂事件」の最古の情報は2007年。解散報道に対するジョークだった可能性も。

③事件自体の年はわからないが、個人的には1998年を推したい。

 

2013年の「スッキリ!!」におけるスティーブンの答えも、恐らく10年程度は昔の話かと思うので、細かい部分の正確性は本人もなくなってきているでしょう。

 

となると、もはやこの話を「正確に」語れる人はいなくなります。そういう物語が、人の口端にのって再生産されていくこと、それが「伝説」です。今回のたい焼きの話は、「日本はすごい」的な話と絡んでいることもあいまって広まっているのかと思いますが、何よりも、エアロスミスという「伝説」が今もなお物語を生産し続けていることが、素直にすごいなーと思いました。おしまい。

*1:たい焼き - Wikipedia

*2:Youtubeかなんかで動画があがっているのですが、まあチョサッケンもあるので、紹介はしません。ググってみてください。

*3:かなり聞き取りづらかったので、不明な部分は*で表しました。通訳の人の話と照らし合わせて、大意はあっているはずです

*4:実はこの通訳の人の聞き方が若干怪しく、初めは"Did you guys *** almost to fight because of TAIYAKI"という聞き方をしていて、これでは「大喧嘩になりそうだったの?」みたいな聞き方なので、解散とは関係ないんでないかと思ったのですが、その後にもう一度聞きなおしたときに「break up」しかけたのか、という聞き方に直していたので、タイラーは恐らく後者の質問で答えたんだろうと仮定します。

*5:ここの英語が一番怪しい。通訳の訳としては、「手荷物で持てないんで、ちょっと持ってもらったら…」

*6:雑誌ならば、次の雑誌が可能性アリ。

 

大人のロック! 2007年 冬号【Vol.9】[雑誌]

大人のロック! 2007年 冬号【Vol.9】[雑誌]

 

 ちょっと調べられていませんが。

*7:ちなみに、「たい焼きは完全食品だ!」というセリフも有名なようですが、これはこのときの2001年3月31日「POPS BEST 10」の公開生放送時のセリフだということがわかります

*8:wikipediaによれば、日本へのツアー自体は1977年から始められ、1988→1990→1994→1998→1999-2000→2002→2004となります。2007年が最古の「たい焼き解散未遂事件」なので、2004年も候補に挙げていいかと思います。