読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

Galaxy Note 7の爆発はオーブンなどのせいなのか、アナフィラキシー・メディア

海外ニュース ファクトチェック

Samsung Galaxy Note 7ケース【Qosea】Samsung Galaxy Note 7 SM-N930カバー 高品質TPU シリコン ケース 落下防止 防指紋 超薄型、軽量TPU素材 ケース ソフト クリア (Samsung Galaxy Note 7, 透明)

Galaxy Note7の爆発事故は大規模なリコールに発展し、なかなか大変なようですが、先日こんな記事がでました。

 

blog.livedoor.jp

 

サムスン側が、出火の原因は「オーブンもしくはファンヒーター」のせいであるという調査結果を出したということです。これに対してネット上では、「galaxyは温めて充電すんのか。すげえな」「こんな言い訳通るわけないし」と、その対応に批判が集まっています。

 

しかし記事をよく読むと、どうもスレタイ詐欺っぽい感じがしたので、まとめてみました。

 

 

***

 

記事は「中国」の件である

さて、元の記事はロイターなのですが、

jp.reuters.com

 

よく読むと、こう書いてあります。

 

中国で新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」が出火したとされる件について、韓国のサムスン電子(005930.KS)は19日、外部からの加熱で損傷したとの見方を示した。

 

つまり、今回の件は、全世界的に起こっているGalaxy Note7全ての原因について語っているのではなく、あくまで中国で起きたGalaxy Note7の出火についての原因を、「オーブンもしくはファンヒーター」と言っているわけです。ぱっと記事タイトルだけ読むと、残念ですが中国だけとはとれません。これはロイターのタイトルの書き方が悪い。

 

で、その事故は何かというと、日本でも記事が出ています。

news.biglobe.ne.jp

9月19日に、中国でもGalaxyNote7の出火報告がWeibo上であり、それについてサムスンが調査しているという内容です*1。ロイターの記事は、要するにこの中国で起きた1件の事故についての報告をしているわけです。

 

これ、ロイターの何が悪いって、先行している英語記事だと「Samsung says China phone fire caused by external heat」*2と、タイトルにちゃんと「中国」表記を入れているのに、日本語記事だとそれがはずれて、「ギャラクシーノート7出火、外部からの加熱原因」となってしまうところです。スレタイ詐欺はまとめサイトだけにしてほしいなあ。

 

オーブンはオーブンではない

ついでに難癖をつけるならば、出火原因が「外部からの加熱」であるとし、その例を「オーブンもしくはファンヒーター」としているのですが、この「オーブン」って、日本語にすると、下のオーブンを想像しませんか。

 

コイズミ オーブントースター シンプル ホワイト KOS-1012/W

しかし、ロイターの英語記事では「an induction oven」つまり、IH調理器のことであり、つまりはこういうやつ

 

パナソニック IH調理器 ブラック KZ-PH33-K

であり、ロイターの日本語記事の書きぶりは、日本人にかなり誤解をさせます*3。オーブンの中にスマホを入れることはなさそうですが、こっちのIH調理器みたいなやつなら、ひょいと置いちゃう可能性はありますよね。

 

ついでに、ファンヒーターも、日本語では

パナソニック セラミックファンヒーター コンパクト ホワイト DS-F1204-W

を想像しますが、fan heaterならば、

Royal Sovereign Home Products HFN-20 Oscillating Fan Heater

を、英語圏の人は想像するのかもしれません。まあ、これは大きな違いはないかもしれないですけど。

 

中国のGalaxyはバッテリーが違う

さて、中国でもGalaxy Note7は発売されているわけなんですが、10カ国のリコールの中に、なぜか中国は含まれていないんですね。

 

これは、中国のGalaxyと他の国のGalaxyでは、製造しているバッテリーの会社に違いがあるからなんだそうです。

japan.cnet.com

先日、中国でもGalaxy Note7のリコールが発表されたのですが*4、それはあくまで9月1日の正式発売前に予約された端末のみであり、正式発売後の端末についてはリコール対象外となっています。

 

ちなみに、中国製のGalaxy Note7のバッテリーを受け持っているのは「Amperex Technology Limited」で、今回の中国国内の端末の出火に関しても、「外部要因によるもの」という結果を出しています*5

 

ATLはNote7の30%ほどの供給を行っており、それが今後増える見通しだという報道もあります*6。サムスンは供給元を明言していませんが、出火原因はバッテリーにあるとしています*7。けれども、中国国内で流通しているNote7は、そのバッテリーがそもそも違うので、出火するはずがない、というスタンスをとっているわけです。

 

今日のまとめ

①Note7が外部熱源によって出火したというサムソンの報告は、あくまで「中国」の出火事故に関してのものであり、全てのNote7の事故について述べたものではない。

②ロイターの「オーブン」は「IH調理器」のことであり、日本人には誤解を招く表現になっている。

③中国で流通しているNote7はバッテリーの製造元が違うため、サムスンとしては出火は起こらないという認識であり、リコールの対象になっていない。

 

どうもサムスンというと、その名前の前に「韓国の」という枕詞が常につくため、人によっては多大なアレルギー反応を引き起こします。それにつられてかわかりませんが、メディアの記事タイトルも、そういうセンセーショナルな方へ流される傾向にあるように見受けられます。

 

今回のリコールは残念な件ではありますが、あまりお国にとらわれず、客観的な報道を心がけて欲しいなあと思います。

 

 

*1:一応中国語の記事も載せときます

网传三星Galaxy Note 7国行首爆,京东已全部下架该款手机_36氪

真偽はさておき、中国語では情報量はここが一番多かった。

英語圏も記事にしていて、BBCやインデペンデントがまとめています。

Samsung in Note 7 row in China after reports of devices catching fire - BBC News

Galaxy Note 7: Samsung confirms exploding phones reported in China | The Independent

インデペンデントによれば、今日までに3件の出火報告が中国ではあり、うち1件は使用者が本体を渡すことを拒否したために調査できなかったんだとか。うーん、あやしい。ソース確認していませんが、東亜日報は「ブラックコンシューマー」の悪質な報告という記事にしています。

中国で起きたギャラクシーノート7の発火事件はブラックコンシューマーの仕業 : 東亜日報

*2:Samsung says China phone fire caused by external heat | Reuters

*3:ちなみに、この「オーブンもしくはファンヒーター」の記述があるのはロイターだけです

*4:三星(中国)投资有限公司召回部分Galaxy Note7数字移动电话机-国家质量监督检验检疫总局

*5:「关于 Galaxy Note7 电池燃烧问题的声明」

http://www.atlbattery.com/Relations/en/news/%E5%85%B3%E4%BA%8EGalaxy%20Note7%E7%94%B5%E6%B1%A0%E7%87%83%E7%83%A7%E9%97%AE%E9%A2%98%E7%9A%84%E5%A3%B0%E6%98%8E.pdf

*6:中国ATL、「ノート7」向け電池の主要サプライヤーに=関係筋 | ロイター

*7:サムスン、最新スマホ250万台回収 電池に異常 :日本経済新聞