ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

【追記】慰安婦が売春婦だったという証拠はどこのものか、ボット生きてんじゃねーよ

【8月4日追記】

資料まわりを整理しました。秦氏の「一億円」の記述の引用、文玉珠の軍事通帳の出典、外地での物価指数などについてです。

 

高須先生のこんなツイートがバズってました。

 

 

何かの通帳のような画像を載せたリンク先を掲載しており、案の定レスポンスは通常営業といった感じです。

 

今回は、「慰安婦はいた/いない」という話ではなく、こちらの話をサカナにして、ソースを確かめるときのネットリテラシーの大切さという記事を書きたいと思います*1

 

 

 

 

***

 

記事の日付を確認しよう

高須先生が「慰安婦が売春婦だった」といっているソースは以下の「社会科学上の不満」というサイトです。

 

blog.goo.ne.jp

 

こんなことが書いてあります。

 

1992年に元慰安婦が、日本の郵便局に当時集めたお金を払い戻ししてほしいという裁判を起こしたのは知ってる? 1943年6月から1945年9月まで12回にわたって入金し26,145円(今換算約4000万円)

 

そして、当時の軍人の給与などと比較して、以下に高額のお金をもらっていたか=職業的売春婦だったのだ!という主張になっています。

 

まずひとつ気をつけるのが、この記事が2016年1月17日のものであること。今から3年以上前のものですので、「証拠があがった」のは現在の話ではありません。ソースを確認するときは、日付をまず見る、ということが大事です*2

 

リンク先のソースを確認しよう

この「社会科学上の不満」では、ソース元とおぼしきサイトのURLを載せています。イルベという*3韓国のコミュニティサイトです。

 

 

http://www.ilbe.com/view/7230593171


 

ところが、この記事のタイトルは、「イ・ヨンス「私は日本軍人と魂の結婚式をした」(慰安婦)(이용수 "난 일본군과 영혼 결혼식했다" (위안부))」というものです。あれ、何の話だろう。

 

イ・ヨンスは恐らく日本でもたびたび証言している元慰安婦の方だと思うんですが*4、記事にはなにか別のハングル記事の画像キャプチャが貼ってあり、

 

21살 일본군 장교는 나를 첫사랑으로 생각했다.

이 장교는 내 목숨을 구해줬다.

이 장교와 영혼결혼식을 했다.

일본인은 좋아하지만 일본은 싫다.

21歳の日本軍将校は私の初恋だった。

この将校は私の命を救ってくれた。

この将校とは魂の結婚式をあげた。

日本人は好きだが、日本は嫌いだ。

 

という、もののけ姫みたいな文章が書いてあります。あれ、お金の話は?

 

では、このキャプチャ画像がなんと書いてあるのかを調べてみますと、以下の記事が引っかかります。

 

www.mediawatch.kr


上記記事を読んでみると、キャプチャ画像の記事と同じものが引用されており、「ハンギョレ」という日刊新聞*5の1998年8月27日の記事だとわかります。

 

ハンギョレは、イ・ヨンスが慰安婦問題に対する日本政府への賠償を求める「水曜集会(수요집회)」へ出席した際のことを書いています。そこでイ・ヨンスは、台湾に昔あった慰安所を訪れ、自分を助けてくれた二人の日本人将校を偲び、

 

할머니는 그곳에서 미리 준비해간 두 개의 인형으로 이름도 모르는 젊은 일본군 장교의 ‘영혼 결혼식’을 올려줬다.

彼女はそこで、あらかじめ用意されていた2つの人形で、名も知らぬ若い日本軍将校の「魂の結婚式」をあげてもらった。

 

といったエピソードを紹介しています。そして彼女は、「私が憎むのは、日本人ではなく、真実を無視して反省を知らない日本という国の態度だ(“내가 증오하는 것은 일본인이 아니라 진실을 외면하고 반성할 줄 모르는 일본의 태도”)」ということを述べています。

 

ということで、確かに慰安婦の方の記事ではありましたが、高額な給料をもらってたとか、証拠があがったとか、そういう話ではないことに気が付きます。2つ目。リンク先がソース元としている記事も確認しよう

 

くまなくリンク先を見よう

とはいうものの、そうした偽リンクを貼る輩もいますが、大抵は何かしら理由があるはずです。早合点せず、コメント欄までしっかり読んでみましょう。そうすると、以下のようなコメントが見つけられます。2016年1月2日20時55分。

 

근데 1992년 문옥주 전 위안부께서 일본 우체국에 위안부당시 모은돈을 환불해달라는 재판한거는 알고있냐?

1943년6월부터 1945년9월까지 12번에걸쳐 입금한 26,145엔(지금환산 약 4000만엔)

ところで、1992年に文玉珠元慰安婦が、日本の郵便局に慰安婦だった当時に集めたお金の返金を求めた裁判のわけを知ってるか?

1943年6月から1945年9月まで12回にわたって堆積した26145円(現在の価値でいうと約4000万円)

 

おお、「社会科学上の不満」と同じ文章が出てきます。また、続けて以下のコメントも見つけられます。2016年1月2日20時46分。

 

月収比較 월급비교 1943년

 

・総理大臣총리대신 800円(東条英機)도죠 히데키

・陸軍大将육군대장 550円

・曹長 조장 32~75円

・軍曹 군장 23~32円

・伍長 오장 20円

・兵長 병장 13,5円

・上等兵 상등병 10,5円

・一等兵 일등병 9円

・二等兵 이등병 9~6円

 

당시물가

 

300엔에서1500엔을 선불받아 부모빚을 갚았네

그게 얼마나 고액이었는지 이해가냐?

 

いちいち訳しませんが、「社会科学上の不満」にも掲載されている当時の月収比較なるものが載せられています。つまり、記事そのものではなく、記事にツリーされたコメントが翻訳され引用された、というわけです。わかりにくくはあるものの、そうするとなぜタイトルの違う記事が引用されたのか理由がわかりますし、「韓国ネットにあがった」というのも一応うなずけます。

 

こういう検証をするときはバイアスが常にかかるので、自分の都合のよさそうな方向に検証者自身も陥りがちです。疑うときは常に自分も疑う気持ちで、ソース元をくまなく調べてみましょう

 

 

画像を疑おう

では、他に気になるところはないでしょうか。

 

「社会科学上の不満」が載せているのは以下の画像です。

 

f:id:ibenzo:20190714233715p:plain

https://blog.goo.ne.jp/ss007_2007/e/227e426476788b69a894513255673e5dより

確かに古い通帳のような体裁で、押されている印は「19.12.26」など、戦中であることがうかがえます。

 

ところが、この画像については、前述したイルベのサイトにはどこにも載っていません*6

 

また、画像の金額を「1000+1000+4500+…」と合計してみると、72000円となり、「社会科学上の不満」が載せている「26,145円」を遥かに上回ることになります。「社会科学上の不満」の計算を信じるなら、1億円以上もらっているということでしょうか。

 

画像を日付指定してGoogle検索をかけてみると、現在発見できるこの画像を使った一番古いものは以下のサイト。

 

bit.ly

 

記事更新日自体は2016年1月6日で、「社会科学上の不満」よりも早いものになります。このサイトも文言は全く同じで、「それがどれほど高額だったのかこの表を見れば分かる。」という結びのあとに、くだんの画像を掲載しています。

 

しかし、この画像の欠点は、金額は書いてあるものの、いったいどこの誰のものかがまったく判別できない点です。そういうときは、画像からできるだけ推測していきます。

 

類似の画像検索をかけると、似たような画像がいくつか出てきます。

 

szkganz.seesaa.net

 

どうやら、この画像は、軍事郵便貯金通帳であることがわかります。

 

なお、帝国陸軍の野戦郵便局や帝国海軍の海軍軍用郵便所では、占領地に駐屯する軍人・軍属向けの郵便貯金である軍事郵便貯金も取り扱っており(後略)

軍事郵便 - Wikipedia

 

占領地においてお金を出し入れする場所があったんですね。

 

では、この画像の通帳はどこの局印が押されたものなんでしょうか。手がかりになるのは局印の文字たちです。

 

f:id:ibenzo:20190715011351p:plain

 

文字がつぶれていますが、下側には「艦いし」と見えます。「艦」は海軍のこと*7で、「い」や「し」はいろは歌から部隊の番号の符丁となっていたんじゃなかったかと思います。海軍の航空隊の番号でしょうか?ちょっとそこらへんは不明です。

 

もうひとつは、上側の「第四十一□□」です。「第四十一」は、軍用郵便所の番号を表しています。これについては郵便物についての局印ですが、同じく「第四十一」と押された印を調べていた方がいました。

 

昭和17年(1942)5月5日に第41海軍軍用郵便所第1派出所(サイゴン)で引き受け、鳥取市に5月25日に着いています。

35日間の軍事航空レート: 郵 史 日 乗

 

つまり、上記引用記事が正しければ、この局印は、サイゴンにあった第41海軍軍用郵便所で押されたものになります*8

 

しかし「社会科学上の不満」が述べていた「1992年」に軍事郵便貯金の払い戻しを求める裁判を起こしたのは文玉珠で、彼女は当時はビルマ戦線を転々としていました。サイゴンにいたのは、彼女の証言が正しければ1944年の秋か冬まで。その後はビルマのラングーンにもどり、戦況の悪化から敗走したあともバンコクまでしか行っていません*9。1945年にサイゴンの局印は押せないのです*10。ショッキングな画像は説得力を持ちますが、しかしそれが本文の主張とどれだけ整合性がとれているか、画像を疑うことも大事です。

 

 

コピペを疑おう

これまで見てきたように、「売春婦だった証拠」というには少々参照しているサイトは雑なものです。こういう雑なサイトは、独自で調べていることが少ないので、そのまま他の情報を転用している場合が多いです。コピペ元を探してみましょう

 

画像については先述したように2016年1月6日のものが、現在見つけられた最古のものですが、引用している文書はもう少し前のものが見つかります。

 

1 : バーニングハンマー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/01/04(月) 22:23:06.24 ID:6bCrhA7p0.net PLT(12000) ポイント特典

・1992年に元慰安婦が、日本の郵便局に当時集めたお金を
払い戻ししてほしいという裁判を起こしたのは知ってる?
1943年6月から1945年9月まで12回にわたって入金した26,145円
(今換算約4000万円)

・月収比較給料比較1943年

・総理大臣総理大臣800円(東条英機)である東条英機
・陸軍大将陸軍大将550円
・曹長助長32~75円
・軍曹軍装23~32円
・伍長、五臓20円
・兵長兵長13、5円
・上等兵上等兵10、5円
・一等兵一等兵9円
・二等兵二等兵9~6円

当時の慰安婦は、300円から1500円を前払いされて、親の借金を返済した。それがどれほど高額だったのかこの表を見れば分かる

2016.01.02 20:11:54

【速報】 慰 安 婦 の 給 料 、 年 収 2 0 0 0 万 円 だ っ た

 

2ちゃんねるのスレッドが引っかかります。2016年1月4日です。全く同じものはこれ以降見つからないので、「社会科学上の不満」のコピペの元ネタはこの2ちゃんねるのスレッドで間違いないでしょう。

 

では、このコピペはなにを参照しているのか。

 

「300円から1500円」というのは、2007年ごろから見られるのですが、これはizaの記事がコピペ元になっていそうです。

 

 「この日本人が経営した慰安所では女性1人の2カ月*11の総売り上げは最大1500円、最小300円程度だった。個々の女性は経営者に毎月、最低150円は払わねばならなかった」

慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成-世界からのニュース:イザ!

 

しかしこれは売上の話なので、前払いではありません。この少し前にもizaは同じような内容で記事を書いています*12

 

同経営者の慰安婦集めについては「彼は22人の朝鮮女性に対し個々の性格、外見、年齢による区分で1人あたり300円から1000円の金をまずその家族たちに支払い、取得した。

「民間が慰安婦集め」 米軍調査「日本軍は利益得ず」-世界からのニュース:イザ!

 

いずれも、ATIS調査報告第120号の尋問調書が元になっていそうです*13。ここらへんの情報がまざって、「300円から1500円を前払い」となったのではないでしょうか。

 

また、そもそも「26,145円」貯めたという話の元々は、毎日新聞の1992年5月12日の記事*14から始まっています。

 

第二次大戦中「従軍慰安婦」として強制連行されたミャンマー(旧ビルマ)で預けた軍事郵便貯金の支払いを求めていた韓国・大邱市在住の文玉珠さん(68)が十一日、山口県下関市の下関郵便局を訪れ、貯金の原簿があったことが分かった。(中略)原簿によると四三年六月から四五年九月まで十二回の貯金の記録があり、残高は二万六千百四十五円となっている。

毎日 大阪 1992/5/12 P24

 

原簿が見つかることが珍しいので、いろいろな考証家がこれをもとに話をしていきます。保守論客としては秦郁彦が有名でしょう。

 

慰安婦と戦場の性 (新潮選書)

慰安婦と戦場の性 (新潮選書)

 

 

上記の中で秦はこの資料を元に、「今なら1億円前後の大金」と主張しています*15。そういった議論の際に示されたのが、以下の画像のものです。

 

f:id:ibenzo:20190715174333p:plain

https://7fukuzin.at.webry.info/201112/article_33.htmlより

 

原簿預払金調書という名目ですが、原簿の残高を示しており、原本そのものではありませんが、同じ内容を示しています*16。昭和18年~昭和20年9月までが預け入れしたもので、それ以降は利子になります。つまり、これが、現在まであれこれいわれている「26,145円」の証拠です*17。高須先生はこちらを示すべきでした。ただしこれは、かなり使い古された資料ではありますが。

 

この情報を元にしたであろうコピペがいくつか出回ってますが、「26,145円」が書かれている今のところ一番古いのは、2003年4月23日の2ch。

 

山口県下関市の下関郵便局を訪れ、軍事郵便貯金に預けたお金を返してくれと言う運動
日本軍相手の売春をやっていた2年間で文玉珠さんは26,145円を稼いだ
当時家一軒を建てるには1000円が必要

【日本一】大阪の在日韓国・朝鮮人PART33

 

文玉珠のコピペとして使われていたものをまとめたサイトもありました。

 

hagakurekakugo.hatenadiary.org

 

その中で興味深いのが次のコピペ。

 

原簿によると43年6月から45年9月まで12回の貯金の記録があり残高は26,145円となっている。

月収比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・慰安婦 1000円〜2000円(アメリカ軍の調書)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・総理大臣 800円(東条英機)
・陸軍大将 550円
・曹長 32〜75円
・軍曹 23〜32円
・伍長 20円
・兵長 13,5円
・上等兵 10,5円
・一等兵 9円
・二等兵 9〜6円

・元慰安婦、文玉珠の2年3ヶ月の郵便貯金 26145円(現在の貨幣価値で約1億円)

 

おお、これは、「社会科学上の不満」の引用しているものとほぼ一緒ですね。

 

1943年6月から1945年9月まで12回にわたって入金した26,145円(今換算約4000万円)
・月収比較給料比較1943年
・総理大臣800円(東条英機)である東条英機
・陸軍大将550円
・曹長助長32~75円
・軍曹軍装23~32円
・伍長、五臓20円
・兵長兵長13、5円
・上等兵上等兵10、5円
・一等兵一等兵9円
・二等兵二等兵9~6円

慰安婦が売春婦だった証拠が韓国ネットに上がった - 社会科学上の不満

 

 

「総理大臣800円(東条英機)である東条英機 」という表現が変だなあと思ったのですが、上記のコピペが元になってると考えると納得できます。先程のコピペを集めたサイトは2007年11月12日ですので、少なくともその頃からこのコピペはあるということです。

 

それにしても、このコピペどこかで見たことがありますね。再引用します。

 

月収比較 월급비교 1943년

 

・総理大臣총리대신 800円(東条英機)도죠 히데키

・陸軍大将육군대장 550円

・曹長 조장 32~75円

・軍曹 군장 23~32円

・伍長 오장 20円

・兵長 병장 13,5円

・上等兵 상등병 10,5円

・一等兵 일등병 9円

・二等兵 이등병 9~6円

http://www.ilbe.com/view/7230593171

 

「社会科学上の不満」が「韓国国内」のネットで発信されたという根拠にしていた、イルベに書き込まれたコメントにあったものです。金額や書き方が全く一緒ですね。「26,145円」の件も含めて、何のことはない、「韓国国内ネット」で公開されたという情報は、もう10年以上前から日本に出回るコピペがハングルになっただけのこと、というわけです。

 

コピペの変質を見極めよう

そして、コピペされた情報は、どうしてだか少しずつ変化されていきます。現在の情報は、大元の情報とは変わってきている可能性、というものを考慮できるといいでしょう。

 

「26,145円」の話のコピペの変遷を見てみると、こんな感じ。

 

文玉珠って朝鮮人が日本軍相手の売春をやっていた2年間で26,145円を稼ぎましたよ。当時1000円もあれば立派な家が建てられました。兵士の給料は月30円、陸軍大将の年俸が6000円の時代に、です。

【KanonSS】コリアンジェノサイダーnayuki6 後編

 

上記は2013年のアーカイブがあります*18

 

2011年1月26日のYahoo!知恵袋。

従軍慰安婦について、元従軍慰安婦が平成4年に日本の郵便局におとずれ26145円の返還をもとめる。この元慰安婦は3年間の間に貯めたお金。 家政婦が三食つきで13円、女工が20から50円の時代。今のお金に換算すると4000から5000万円

従軍慰安婦について、元従軍慰安婦が平成4年に日本の郵便局... - Yahoo!知恵袋

 

2004年5月18日と記載のあるサイト*19

 

貯金の金額は「26145円」だった。

(中略)

日本軍性奴隷が、たった2年間で2600万円以上の貯金ですか。

捏造か真実か−誰も知らない落合信彦−

 

 

 

2001年4月17日。

 

又彼女達の高収入については多くの証言があります。そのの一例として「文玉珠が2年間で2万6千円も貯めた事が、彼女の貯金通帳から明らかになった」ことを毎日新聞が1992年5月12日に報じています。これは現在価値に換算すると8千万円に相当します。

従軍慰安婦について

 

家一軒1000円の話なんかは必ず出てくるようですが、現代の価値に換算するお金は「8千万」「2600万円」「4000から5000万円」と、結構幅があります。そもそも、秦氏は「1億円前後」としていたんですが、こういう端々も変わっていきます。

 

先述した「300円から1500円」の話もそうですが、売上の話がいつのまにか給料の話になり、それが前払とごっちゃになっていくように、何の気なしにつけられた情報がひとり歩きし、伝言ゲームのように変わっていく姿が興味深いです。

 

私は、「社会科学上の不満」、その元となった2016年1月4日の2chのスレッドは、この文玉珠関連のコピペの新たなバージョンだという風に感じました。コピペの末尾に注目してください。

 

当時の慰安婦は、300円から1500円を前払いされて、親の借金を返済した。それがどれほど高額だったのかこの表を見れば分かる

【速報】 慰 安 婦 の 給 料 、 年 収 2 0 0 0 万 円 だ っ た

 

先に、私はこのコピペはイルベのコメント欄の投稿を訳したものだろうと推察しました。ところが、太字にした「この表を見れば分かる」という文言は存在しないのです。

 

300엔에서1500엔을 선불받아 부모빚을 갚았네

그게 얼마나 고액이었는지 이해가냐?

300円から1500円で前払いを受けて、親の借金を返済だ。

それはどれだけ高額だったのか理解できるか?

http://www.ilbe.com/7230593171

 

「이해」は「理解」、「가냐」は「判断・推測が及ぶ」という意味に「냐」という下称形疑問を表す終止形がくっついているので、「理解できるか?」程度の意味になるはずです*20。「この表を見れば分かる」という文言は、日本語に翻訳されたときに改変されたものなのです。

 

「この表」がいったい何を指しているのか不明ですが、2chの投稿者の意図としては、1992年に発見された原簿の調書を想像していたのではないでしょうか。しかし、このコピペが引用されるにあたって、「この表」という文言をつかまえて、新たな軍事郵便貯金通帳の画像が付け加えられた。それがどこまで意図されたものかはわかりませんが、新しい文玉珠のコピペとして、その2016年1月以来、この画像については特に無批判に様々な界隈に受け入れられてきたのです。

 

今日のまとめ

①高須先生があげるリンク先は2016年と古い。

②リンク先のイルベのコメント欄を日本語訳したものが引用されている。

③「社会科学上の不満」などがあげる軍事郵便貯金通帳の画像は、海軍軍用郵便所のものであり、第41海軍軍用郵便所であるならサイゴンにあり、そのころビルマもしくはバンコクにいたであろう文玉珠は使用できない。

④今回の記事内容については、1992年の文玉珠の「26,145円」の訴訟の報道以降氾濫しているコピペのハングル版であり、色々な日本語のコピペが改変され混じり合った結果のものである。よって、韓国国内ネットが初めて見つけ出したものでも発信したものでもない。

 

このような高額な金額になるのは、占領地の軍票の単位を「円」にしており、かつ大幅なインフレが進んでいたという背景があるようだ、という見方もあります*21。繰り返し書くように、この記事の目的は「慰安婦はいた/いない」ではなく、粗雑なソースを見極めるために何を大切にするとよさそうか、というのを、私の経験則で書かせてもらいました*22。これはどんな立場の人にとっても大事なことではないでしょうか。

 

先日、以下の記事を興味深く読ませて頂いたのですが、

 

leoleonni.hatenablog.com

 

その中の「制度そのものが誰かの口を借りて喋っているのだと思った方がいい」という表現がなるほどなあと思いました。記事の執筆者はそれを「bot」であると呼び習わしていました。恐ろしいのは高須先生のように声高に主張する人間たちではなく、それに無批判に迎合するbot的存在です*23 。ここまで調べろとはいいませんが、少なくとも今回の話は、記事の古さや画像の金額と記事内の金額の乖離から、その誠実さについて疑うことはできたはずです。隣の国の心配より、私はそっちを心配するので、みなさまの調べ物の一助になればいいなあと思います。

 

*1:

こうくどくど書くのは、ここまで書かないといろいろ認定されてしまうからです

*2:

ちなみにこの日付の件についてはさすがにいくつも指摘されています。ただ、指摘の仕方が「こんなに古くから証拠があがって」とか「元々証拠があったのに」みたいな感じですが。

*3:

イルベはまあ、韓国国内の左派中道ぐらいの位置づけなんでしょうか。

イルベとは|カイカイch - 日韓交流掲示板サイト

*4:

李容洙 - Wikipedia

*5:

ハンギョレ - Google 検索

*6:これに関しては画像のリンク先を載せたコメントが削除された、という可能性も残っています。ただ後述するように、コメントの翻訳が意図的に改変されていることを考えると、どこからか持ってきたものなんでしょうか。

*7:

”艦”は海軍軍用郵便所における軍事郵便貯金をさすものとおもわれる。

文さんの預金通帳 - kmiura - 従軍慰安婦問題を論じる

 

*8:

ここらへんはツギハギの知識なので、訂正あったらお願いします。「艦いし」のほうが軍用郵便所の番号だったかな…

*9:

(慰安婦問題を考える)慰安所の生活、たどる 韓国の故文玉珠さんの場合:朝日新聞デジタルより

 

*10:文玉珠の証言は信用できないとか、たとえ「第41海軍軍用郵便所」でなかったとしても、「艦」の印があるのは海軍軍用郵便所であるはずなので、陸軍と行動をともにしていた文玉珠が使用するのもちょっとおかしいでしょう。ただそうすると、この通帳はいったいどこからとってきたものなんでしょうか。よくわかりません。

*11:

この2ヶ月は誤訳です。

“In prisoner of war’s house, the maximum gross takings of a girl were around 1500 yen per month

◆ 美しい壺日記 ◆ 連合軍通訳翻訳部(ATIS)調査報告第120号(1945年11月15日)

なので、1ヶ月ですね。

*12:

ちなみに、これを書いた古森記者は新資料のように扱っていますが、すでに報告されている文書であることが指摘されています。

ATIS調査報告第120号 日本軍における各種アメニティー - 英文史料を正しく読む!ビルマ従軍慰安婦に関する米軍尋問調書 @wiki - アットウィキ

*13:

◆ 美しい壺日記 ◆ 連合軍通訳翻訳部(ATIS)調査報告第120号(1945年11月15日)に対訳が載っています。

*14:たびたびいろいろなサイトで「1992年5月22日」と引用されるのですがこれは誤りです。コピペの弊害ですね。

*15:

原著を確認していないので、朝日の記事から引用しました。確認次第追記します。

(慰安婦問題を考える)慰安所の生活、たどる 韓国の故文玉珠さんの場合:朝日新聞デジタル

【追記】

確認しました。

 文玉珠の場合は売れっ子だっただけに、三年足らずで二万五千円を貯金し、うち五千円を家族へ送金している。今なら一億円前後の大金である。

『慰安婦と戦場の性』P392

 

*16:

この画像の出所はなんでしょうね? 恐らく1992年の話の議論の際に、どこかの雑誌やら本やらに掲載されたものだと思われます。本来であれば緑書の部分があると思うのですが、それが白黒で印刷されているためにわかりません。

【追記】

この画像の出所は

 

文玉珠(ムン・オクチュ)―ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私 (教科書に書かれなかった戦争)

文玉珠(ムン・オクチュ)―ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私 (教科書に書かれなかった戦争)

 

 

のようです。上記は新装増補版ですが、初版は1996年です。いろいろな文献には引用元として上記の本が示されています。

キャプションとしては「資料④ムン・オクチュさんの軍事郵便貯金原簿の調書(郵政省・熊本貯金事務センター保管)(P206)」とあるので、郵政省から取り寄せたのか、文玉珠がもらったものを掲載したのでしょう。元慰安婦側から提供された情報が、このような形で反対派に使われるというのは皮肉なものです。

 

*17:

画像にある「戦りふ」は「第302野戦郵便局」を表しているらしい、という話があるので、「社会科学上の不満」などが挙げる通帳の「艦いし」と違うことからも、くだんの通帳の画像は少なくとも文玉珠のものではない、ということにしてよいでしょう。もしかすると他の慰安婦のものかもしれませんが、そうするとかなり大発見です。

*18:

https://web.archive.org/web/20130215000000*/http://www.getemono.com/contents/nayuki/KGnayu6-2.htm

*19:

アーカイブは2005年11月24日にとられています。

*20:

それっぽく書いてますが、以下を参考にしました。

韓国語の勉強なら!| 初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語:文法の特効薬【終止形Ⅱ'-냐】

ハングル 「理解ができない」 | 韓国じゃなくても、ハングルな日々

*21:

 

1941 年 11 月「南方外貨表示軍票」が決定され、日本軍は円表示ではない、占領現地通貨表示の軍票を発行した。たとえばマラヤ・シンガポールであれば海峡ドル、ビルマはルピー、フィリピンはペソ等、多種類の軍票が使用された。(中略)券面のどこにも円や YEN の表示はないが、日本人はこれらを皆「円」とよんでいた。(中略)1941 年 12 月を 100 とした物価指数は、44 年末にシンガポールは 10,766、ラングーンは 8,707 まで急騰した。

「東アジアの歴史認識の壁<再掲>」

http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~shanghai/wordpress/wp-content/uploads/2015/03/20150222newsletter558.pdf

 

けっこう軍事郵便貯金通帳の画像を探してみたんですが、今回と同じように何千円単位の残高になっているものもちょくちょく出くわします。

f:id:ibenzo:20190715211146p:plain

http://blog.sina.com.tw/87951/article.php?entryid=589368 より

 

f:id:ibenzo:20190715211630p:plain

http://szkganz.seesaa.net/article/399086038.html より

【追記】

物価指数については以下のグラフが参考になります。

 

f:id:ibenzo:20190804112417p:plain

http://ktymtskz.my.coocan.jp/J/asia/gunsei3.htm より

 

吉見義明は上記に加え、

 

しかし、「日本人捕虜尋問報告」四九号には、すぐ後で、業者が食料その他の物品の代金を軍「慰安婦」に要求したので、彼女たちは生活困難に陥ったと書かれています。

日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784) P47

 

と、尋問報告を引用しています。おそらくこの通帳でもって「将校よりお金をもらっていた」とする主張はなかなか無理筋だろうという印象です。

 

*22:

そもそも今回の話は古くからある話題ですので、新しい議論ができるわけもありません。

*23:

【追記】

慰安婦問題は、私は両論を眺めましたが、「慰安婦は存在した/しない」という単純な二元論ではないのだなと思いました。主に、

・軍の関与の程度

・強制かどうか

・慰安婦の規模(人種)

などといった点で議論されているようでした。問題は細分化されていて、なるほどちょっとわかりにくいです。

しかし、表層的にネット上で流れるのは(目立つのは)「慰安婦はいる/いない」論の雰囲気であり、ヒステリックな反応であり、とても冷静に議論できる状態ではないのは、今回の「不自由展」を見ても明らかでしょう。こういうbot的存在が議論の流れを左右するのは、どの立場にとっても不幸なものであると思います。