読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

アイドルのインフルエンザ脳症という死因はなぜ広まったのか、断定的に語ること

twitter 都市伝説

寡聞にして存じ上げなかったのですが、18歳のアイドルが急死したとのこと。

 

www.huffingtonpost.jp

 

その死因について、様々な憶測が広がりました。センシティブな話題なので、記事にしようか迷ったのですが、ウワサが徐々に広がっていく様子というものは、ある程度記録にしておいた方が後世の役に立つかと思い、短く記事にさせていただきます*1

 

 

***

 

広まり始めたのは2月8日13時ごろ

 

ニュースが入ったのは11時39分ごろ*2

 

そして、「インフルエンザ脳症」という語が、ハフポスのいうようにtwitter上で出始めたのは、だいたいその日の12時ぐらいです。

 

インフルエンザ脳症とかなんだろか。子どもがかかるイメージだけど。
11:58 - 2017年2月8日

 

7日のイベント休んだときはインフルエンザかな?とか思ったけど、成人でもインフルエンザ脳症での死亡例ってあるからもしかしたら…って思ってしまう
12:03 - 2017年2月8日

 

インフルエンザ脳症とかそういうのかな……可哀想に
12:12 - 2017年2月8日

 

この時点では、あくまで仮定としての話という形のつぶやきが多いです。

 

真偽不明だけど、風邪だと思ってたらインフルで、インフルエンザ脳症でって噂
12:44 - 2017年2月8日

 

まだ若いというのに・・・・・
インフルエンザ脳症にでもなったのかな。

12:58 - 2017年2月8日

 

しかし、13時ぐらいを過ぎてくると、しだいに確定情報として広まり始めます。

 

インフルエンザ脳症らしいです
13:17 - 2017年2月8日

 

インフルエンザ脳症か…
なんか流行ったよね
13:17 - 2017年2月8日

 

インフルエンザ脳症か。
13:20 - 2017年2月8日

 

大人がインフルエンザ脳症で死に至ることってあるのだろうか…
13:29 - 2017年2月8日

 

というと、この13時ぐらいに、この「仮説」が「確定」情報へと変わるきっかけがあったはずです。

 

リツイートの反響が多いのが、13時23分のこの投稿。

 

松野莉奈
ウイルス性急性脳症(インフルエンザなどから発症)で急死したみたい…
記事元、公式ホームページ

13:23 - 2017年2月8日

 

執筆時点(2月9日1時5分)で、2177リツイートあります。ここからネズミ算式に広がっていった可能性はあるでしょう。ファンの方のようで、なるほど、情報というものは、その情報を欲する同好の方から広まっていくのでしょうか。

 

 

公式HPからの情報というソース

もう少し細かく見ていきましょう。13時23分のツイートより前に、すでに「インフルエンザ脳症らしいです」と、確定的なツイートが流れ始めています。この前にも何か情報があるのでしょうか。

 

注目するのは、13時23分のツイートの方は、ソースを「公式ホームページ」としていることです。これを軸にすると、すでに鍵をかけられていますが、以下のようなツイートが、13時13分に投稿されています。

 

公式ホームページによると
松野莉奈はウイルス性急性脳症で亡くなってしまったみたいです。
8:13 PM - 7 Feb 2017

 

Googleのキャッシュから拾ったので日付がおかしいですが、サンフランシスコ時間と考えるなら、恐らく13時13分かと思われます。これはキャッシュ時点で458リツイート。この方もソースを聞かれたときに、「公式ホームページ見れたという方のツイートからです。」と答えています。

 

この辺りで、「公式HPから死因の情報が出た」という話が出てきます。しかし、この時間帯は、公式サイトのサーバーがダウンしています。

 

エビ中公式サイト、サーバーダウン

13:01 - 2017年2月8日

 

サーバーダウンしとるかもしれんよね、
早く公式からの情報ほしい

13:04 - 2017年2月8日

  

エビ中公式サイトはサーバーダウンしてるっぽい。
13:16 - 2017年2月8日

 

なので、この情報が正しいかどうか確認しようがないわけです。

けれど、人は基本的に正しさを求めるようなので、やはりウワサではなく「公式」の情報をもとめるわけです。すると、「公式」という言葉が入った情報は、真偽判定のハードルが下がります。そして、実際の「公式」が閉ざされているという状態が、このウワサの広まりに拍車をかけたのでしょうか。

 

本当の初出は何か

しかし、ちょっと気になるのが、「公式」の情報というツイートは「インフルエンザ脳症」ではなく、「ウイルス性急性脳症」という語を使っているということです。実際のところ、twitter上での広がりは、検索した限りでは、「インフルエンザ脳症」の方が早く、そして多いです。

 

「ウイルス性急性脳症」と今回のアイドルの話を結びつけた発言の初出は、2chで見られます。

 

426 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/02/08(水) 12:09:34.89 id:hpcBnQHb0.net
>>1
風邪だと思って休んでいたら、
ウイルス性急性脳症だったらしく、あっという間に亡くなってしまった

【訃報】私立恵比寿中学の松野莉奈さん(18)死去

 

調べた限りでは、12時9分のこの投稿が最も早いものです。このスレでは「インフルエンザ脳症なのかな」という11時57分の記事もあるのですが*3、結構確定的に書かれているのはid:hpcBnQHb0.netによるものです。この投稿も何かを参考にして書かれた可能性もありますが、断定的な口調はこの投稿が早いものになります。

 

 

興味深いのが、「インフルエンザ脳症」はこの時間帯はtwitterでは仮定的な発言が多いのに、「ウイルス性急性脳炎」は、断定的な発言になっていることです。

 

ウイルス性急性脳炎?だって。
13:15 - 2017年2月8日

 

ウイルス性急性脳炎ってなんだよ!
13:22 - 2017年2月8日

 

ウイルス性急性脳炎か………
13:27 - 2017年2月8日

 

もちろん、先に引用した13時13分あたりのツイートが発端になっているんでしょうが、なぜ「ウイルス性急性脳炎」に限って、断定的になってしまうのか。これは、恐らく以下の記事が影響しているでしょう。

megalodon.jp

 

記事の正確な投稿時間はわかりませんが、後述するtwitterの投稿時間から、12時28分ごろと推察されます。これは、先ほども引用した2ちゃんねるのスレがもとになっている、いわゆるまとめサイトというやつです。

 

この記事は、思い切りタイトルに「死因はウイルス性急性脳症か」と書かれています。そして、その根拠になっているのは、先ほどもあげた、

 

426 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/02/08(水) 12:09:34.89 id:hpcBnQHb0.net
>>1
風邪だと思って休んでいたら、
ウイルス性急性脳症だったらしく、あっという間に亡くなってしまった

【訃報】私立恵比寿中学の松野莉奈さん(18)死去

 

という投稿のみが手がかりになっています。そして、このまとめサイトはtwitterもやっているので、

 

 

ここから徐々に広まっていった可能性が大いに考えられます。記事ではインフルエンザの話はなく、「ウイルス性急性脳症」という言葉だけがクローズアップされているので、これを読んだ人々がウワサを広げ、「公式」の発表に変化し、「事実」として語られていったように考えられます*4。上記が、「ウイルス性急性脳症」が断定的に語られているという私なりの理由です。人はtwitterの仮定の表現には判断を留保しますが、ニュース記事風の見出しなどには真偽のハードルが下がるということでしょうか。

 

彼女は公演を体調不良で休演していて、そのときも、「風邪」や「インフルエンザ」という季節柄の病名がとりざされたようです*5。「ウイルス性急性脳症」と「インフルエンザ」はすぐに関連付けられたようですので、「ウイルス性~」の断定的な情報が、より広まっていた「インフルエンザ~」の仮定的な情報にあわさり塗り変えたというように考えられます。

 

「インフルエンザ脳症」というミーム

今回不思議だなと思ったのは、「公式の情報」とかが出回る前から、すでに「インフルエンザ脳症」という単語が散見されたことです。

 

「インフルエンザ脳症」は、ちょっとググってみると、すぐに真偽不明のいくつかの情報が散見されます。

 

解熱剤の中にアスピリンという成分が含まれているものを使うと、
アスピリンは血管からの水分の放出を促してしまうので
結果としてより脳浮腫を進行させインフルエンザ脳症を起こし、
重症化させてしまうということが分かっています。

インフルエンザ脳症とは?脳炎との違いと解熱剤使用の危険性 | 季節の病気ナビ

 

 発熱はインフルエンザの主な症状のひとつで、ウイルスに対する免疫反応の一部であり、必ずしも解熱させなければならないものではありません。39度以上の発熱があって、元気がなく、ぐったりしているようであれば解熱剤を使用してもよいでしょう。解熱剤の使用の際、アスピリン(商品名:バファリンなど)やメフェナム酸(ポンタールなど)、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)はインフルエンザ脳症の誘因や重症化を招くことが明らかになってきましたので、これらの薬は使用しないでください。

インフルエンザ脳症はどうしたら予防できますか?

 

といった、解熱剤とインフルエンザ脳症の関係をうたうものや、

 

厚生労働省からしてみれば、インフルエンザ脳症の原因は薬だとは認めたくない。 
なぜなら、薬害だとわかれば、それを放置した役人達の責任問題に発展しますからね。

インフルエンザ脳症という嘘2〜本当は薬害〜 - るいネット

 

という陰謀論まで、なかなか都市伝説的な装いを見せています*6。真偽はともかくとして、どうもこの「インフルエンザ脳症」は、元々不確定な情報の中で語られることの多い病気のようです。若者の急死という事実にマッチしたという事と、この「インフルエンザ脳症」が含む、ネットロア的なゆらぎも、このような形で広まることに一役買ったのかもしれません。

 

今日のまとめ

f:id:ibenzo:20170209032028p:plain

 

 

私見として、今回「インフルエンザ脳症」が広まった理由として、

 

①「インフルエンザ脳症」自体がもつ都市伝説的なゆらぎ

②「公式の発表」という文言と「公式」のサーバーダウンによる情報の途絶(正確な情報をつかむ手段がない)

③まとめサイトによる見出し(擬似ニュースソース)

④断定的な情報の強さ

 

があるのではないか、と考えています。特に、根拠なく語られることでも、「かもしれない」ではなく「である」で語ることによって、意外にあっさりと信じてしまうなあと思いました。

 

そして、時系列で追っていくと、報道から2時間もたたないうちに、彼女の「死因」がすでに既成事実化されていったということには驚きます。情報の伝播と変容のはやさには本当に、空恐ろしいものを感じます。我々の世界は広くなったのか、狭くなったのか。

 

 

 

*1:今回はツイートをそのまま載せるのもどうかと思い、すべて名前を伏せて引用にしました。信憑性という点で質が落ちるのは仕方ありませんが、一応調べた結果をそのまま載せております、という言葉を信じていただければうれしいです

*2:

Imgur: The most awesome images on the Internet

*3:

 

109 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/02/08(水) 11:57:39.06 ID:8thAv1gC0.net
インフルエンザ脳症なのかな

【訃報】私立恵比寿中学の松野莉奈さん(18)死去

 

 

*4:ただ、twitterでは「ウイルス性急性脳症」の言葉が外れています。このtweetの返信では「ウイルス性~」の話をしているので、意図的に外したのでしょう。字数の関係か、煽り文のようなものが気になったのか

*5:

418 : モノノフ名無しさん@無断転載は禁止(千葉県) (ワッチョイ 43dc-4bPW)2017/02/02(木) 21:05:09.21 id:FeZS1yH10
みれいインフルか?

【King of 学芸会】私立恵比寿中学 其の100【→世界のエビ中へ】 [無断転載禁止]©2ch.net

*6:一応、NHKなどは、解熱剤とインフルエンザ脳症の関連については「これまで詳しい研究が行われたことはなく科学的な証拠はない」という専門家の談話を載せています。

アイドル急死 ”解熱剤でインフル脳症”がネットに拡散 | NHKニュース

 

リンクの一つは日本小児科神経学会なんですが、どこまで研究されてるんでしょうね