ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

バッハ会長は「犠牲が必要だ」と言ったのか

今日は短め、オリンピック関係。

 バッハ会長のこんな発言が怒りを買ってます。

 

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が22日の一部報道で、国際ホッケー連盟のオンライン総会で「五輪の夢を実現するために誰もがいくらかの犠牲を払わないといけない」と発言。

五輪のために日本は、東京は犠牲を払うべきなのか IOCバッハ会長の発言に反発相次ぐ 「今までで一番悪質」(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

みなさん切り取りはお嫌いなはずなので、全文がないかなあと探してみました。結論としては、全文は(いまのところ)見つけられないのですが、「バッハ会長の『犠牲』のニュアンスは違うかも」というような曖昧なオハナシです。一応、オリンピック擁護の記事ではございません。

 

【目次】

  • 「誰もが犠牲を払う」なのか?
  • 「我々」は誰か
  • 今日のまとめ

 

続きを読む

大阪のコロナの死者数はインドより多いのか

今日はこの記事が気になりました。

 

「政府の会議の資料に人口100万人あたりの死者数のデータがあるのですが、大阪は19・6人(5月5日時点、以下同)。インドの15・5人、メキシコの16・2人、米国の14・5人より上回っており、惨状というほかありません。兵庫県も9・0人、愛媛県11・2人、和歌山県7・6人など関西は高く、東京は1・4人と意外にも低い水準です」(厚生労働省関係者)

【独自】大阪の100万人あたりの新規死亡者数がインドを上回る 「まるで姨捨山」とまらない医療崩壊〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

 

もやっとしたのが、大阪という一都市と、インドという国全体を単純に比較してよいのか?という点だったので、そこらへんを揃えてみました。短い内容なので、ツイートでもよかったのですが、数字が出てきてわかりにくかったので、記事にしました。

 

【目次】

  • 19.6人という数字
  • インドの数は?
  • 都市と国を比べるな
  • 今日のまとめ

 

 

続きを読む

ゴミ箱のドリンクホルダーはなんのため、リサイクルのドイツ幻想

さて、お休みしてたぶん、なるべく更新していきます。

 

こんな写真を載せたツイートがちょっとだけバズっていました。

 

f:id:ibenzo:20210429104558p:plain

https://m.facebook.com/lodzkiepromujedesignthinking/photos/a.699792060167482/2227405524072787/?type=3&source=57&paipv=0より

ツイートでは、このゴミ箱についたドリンクホルダーをノルウェーのもの*1とし、

 

「デポジットで生計を立てているホームレスの人がゴミ箱を漁らなくてもよいようにするため」

 

という内容のコメントがつけられています。

 

私はあまのじゃくなので、調べてみたところ、「確かにそうだけど、世の中はそう簡単ではない」という結論が得られたので、短く記事にします。

 

【目次】

  • 写真の初出を探す
  • 始まりはドイツか
  • 世の中うまくはいかない
  • 今日のまとめ

 

*1:

本当にノルウェーかどうかは確証はありませんが、写真に写っているペットボトルの「Solo」というブランドはノルウェーの会社のものだそうで、

 

Solo (Norwegian soft drink) - Wikipedia

 

まあ、そんなに疑うことはないと思います。

続きを読む

読書は68%もストレスを軽減するのか、読書の可不可

以下の内容の「読書がストレスを軽減する」というツイートがバズっていました。実は二年ちょっと前に既に検証していたブログがあったので、そちらをリンクしておきます。

 

・どの活動によってストレスレベルが一番下がるのかを調べた。
・検証の結果、読書が 68% と、一番高い数値を示した(コーヒーは 54%、散歩は 42%、ゲームは 21%)
・この 68% という数値はたったの 6 分間で効果が表れた。

嘘だった!?読書でストレス軽減の真実は / True or False.... Stress Relief by Reading! - 医薬翻訳者の洋書キッチン/ The Book Kitchen

 

私も人並みには本を読んでおりますが、現実のストレスは減るどころか増える一方なので、疑わしく思って調べてみました。結論だけ書くと、「この話は査読付きの研究でもなければ学術誌に載ったわけでもないマーケティング的なもの」です。

 

続きを読む

「報道の自由度2021」の報道の仕方から不自由を見る

大変お久しぶりというか、皆様覚えておいででしょうか。実務や請け負った仕事がタイヘン忙しく、4カ月も放置してしまいました。お約束していた方との記事も作れず無念です。

 

今日は生存報告と共に、去年の記事の焼き直しでございます。

www.netlorechase.net

 

国境なき記者団(RSF)が毎年出している「報道の自由度」調査の結果を、日本のメディア(特に朝日)が、毎年金太郎飴のようなやる気のない記事を出している、という内容です。まとめは以下の通り。

 

①「SNS上で攻撃される」という文章について、RSFは2017年から指摘しているため、朝日の書き方はミスリードを誘う。

②経年を見ても、RSFの日本の報道自由度の低さの原因は、「系列」による報道自由の縛りと利益至上主義によるものだという指摘であり、SNSの話は挿話の一つに過ぎない。

 

で、今年はどんな書き方になっているのかな、というのを見てみたらがっかりしたので、簡単に記事にしました。今回は朝日嫌いの方にとっては垂涎ものでしょう。

 

続きを読む

【情報求ム】雨乞銭は存在するのか、どこであれ資料が見つかりそうな場所で

少々旧聞ではございますが、以下の話題を覚えておいででしょうか。

 

 

この五円硬貨が、実は「雨乞銭」と呼ばれる、雨乞いをする際に使われた技法なのではないか、ということで、驚きの声があがっておりました。

 

そんな話ではあったのですが、疑り深い私としては、現実にそんな風習があったのか、というところが大変気になったため、そこのところを調べてみました。私なりの結論としては、「古くから硬貨に傷をつける風習はあったが、雨乞いと関係するかは不明」なのですが、資料が乏しく、情報がある方がいれば募集中です。

 

【目次】

  • 「雨乞銭」は古銭界隈で知られていた
  • 民俗学上の「雨乞銭」
  • 「傘」と雨の関係
  • 史料から考える
  • 今日のまとめ

 

続きを読む

トランプ大統領は選挙演説で拉致被害者に言及していない、今はなき大統領のための

ツイートそのものは取り上げませんが、百田先生が言及していた以下の内容のツイートが気になりました。

 

・トランプ氏は選挙中のラリーの演説で、毎回横田めぐみさんの話をしていた。

・安倍元首相の名前も毎回出していた。

 

本当かどうか、調べてみました。

 

【目次】

  • 拉致被害者への言及はない
  • 安倍元首相への言及はある
  • なぜ言及するのか
  • 今日のまとめ

 

続きを読む