ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

ポニョのフジモトは海底二万里のクルーなのか、情報の貝拾い

この前『崖の上のポニョ』が金曜ロードショーで放映された際、こんなツイートが話題になってました。

 

 

私が気になったのが「ノーチラス号の唯一のアジア人」という部分で、そんなヤツでてきたかな…と思ったので、調べてみました。結論だけ書くと、「宮崎監督の設定上の話で、〈唯一のアジア人〉は不正確」という感じです。

 

【目次】

  • 公開当時のパンフレットが初出
  • ノーチラスのクルーはよくわからない
  • ネモ船長はインドの王子
  • 今日のまとめ

 

 

続きを読む

【令和4年版】「報道の自由度2022」の報道の仕方から不自由を見る

今年も「報道の自由度ランキング2022」が公表されました。

rsf.org

これは毎年、国境なき記者団(RSF)が発表する、各国のジャーナリズムの自由度を公表するものです。

 

ところが、日本の報道機関は、あまりこれを正確に伝えていません。

 

各紙ひどいといえばひどいんですが、特に朝日は突出していて、2018年の「報道の自由度ランキング」の記事から、「記者が「反愛国的」なことを書くと「SNS上で攻撃される」という内容のみを金太郎飴のように毎年書き続けています。RSFが毎年指摘している「スポンサーのご機嫌うかがいによる自己検閲」や「記者クラブの排外的課題」についてはいっさい書こうとしてないんですね。「報道の自由度ランキング」について書けば書くほど、日本の「報道の不自由さ」が明るみに出るという、なんとも残念なおはなしになっているわけです*1

 

そんな感じなので、5月3日にRSFが今年のやつを公表した際、「もしや朝日に先んじて予想した記事をかけるのではないか…?」と、大胆に書いたのがこちら。

 

報道自由度、日本71位 ウクライナ情勢などによる規制強まる

 国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は3日、2022年の「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち日本は71位(前年67位)と順位を落とした。

 日本の状況について、報道について自由と安全を比較的保っているとしながらも、「中傷的」と見なされる投稿をリツイートしただけで政治家から裁判を起こされたり、東京電力福島第一原発といった「反愛国的」テーマを扱ったり、政権を批判したりする記者がSNS上で攻撃を受けていると指摘した。

 ウクライナ情勢をめぐり、独立系メディアなどを「外国の手先」と見なし、軍事的検閲を行っているロシアは155位(昨年150位)で、厳しい統制環境にあることが指摘された。

 1位は昨年と同じノルウェーで、4位までをデンマークなど北欧諸国が占めた。米国は42位(昨年44位)で、日本は主要7カ国(G7)の中で最下位。中国は175位(昨年177位)だった。

「報道の自由度ランキング2022」の新聞記事を予想する - ネットロアをめぐる冒険

 

さあ、実際のところどうだったんでしょうか…!とワクワクしていたら、たいへん悲しい結果になりました…

 

【目次】

  • 2022年の日本について
    • ①記者クラブの問題
    • ②国家権益に関する法律が私権を制限している
    • ③大規模な伝統的メディアグループの独占
    • ④政府と企業の圧力
    • ⑤ジャーナリストの安全への不安
  • 朝日新聞は記事にしていない(5月6日7時現在)
  • 他紙の状況から確かめる
  • 今日のまとめ

 

続きを読む

日本の貧困は政策のミスなのか、ネコを信じよ

日本の貧困は「政策ミス」であるとする画像が出回っています。文字起こしすると、以下の通り。

 

カナダの大学の経済学で取り上げられたそうだ。日本の貧困者は薬物もやらず、犯罪者の家族でもなく移民でもない。教育水準が低いわけでもなく、怠惰でもなく勤勉で労働時間も長く、 スキルが低いわけでもない。世界的にも例の無い、完全な「政策のミス」による貧困だと

 

実はこのコピペ、出所がそこそこはっきりしており、「カナダの大学」自体は出所不明で、どうやら間違いのようなんです。ただ、それを元にこの話自体を「迷信」として処理する方がいたので(そして元ネタとする情報が誤っている)、既に前から指摘されていたのですが、一応まとめてみることにしました。

 

【目次】

  • 2019年のブルームバーグの記事
  • バズったのは2021年10月25日
  • ファクトチェックはファクトか?
  • 今日のまとめ

 

続きを読む

「報道の自由度ランキング2022」の新聞記事を予想する

【5/6更新】

ちゃんとした記事を書きましたので、下記をご参照ください。

www.netlorechase.net

 

***

 

 

さて、さきほど「報道の自由度ランキング2022」が公表されました。

 

rsf.org

 

これは毎年、国境なき記者団(RSF)が発表する、各国のジャーナリズムの自由度を公表するものです。

 

私はこれについて、朝日新聞の記事をサカナに過去2年記事にしています。

 

www.netlorechase.net

 

www.netlorechase.net

 

各紙ひどいといえばひどいんですが、朝日は突出していて、2018年の「報道の自由度ランキング」の記事から、「記者が「反愛国的」なことを書くと「SNS上で攻撃される」という内容がほぼ踏襲されていて、RSFが毎年指摘している「スポンサーのご機嫌うかがいによる自己検閲」や「記者クラブの排外的課題」についてはいっさい書こうとしてないんですね。「報道の自由度ランキング」について書けば書くほど、日本の「報道の不自由さ」が明るみに出るという、なんとも残念なおはなしになっているわけです。

 

たぶん、はやければ明日(5/4)の朝に記事が出るのかなと思うんですが、だったら、その前に記事内容を予想できるんではないか、ということで、ここに記してみます。すみません、今日はお遊びみたいなもんです。ちゃんとした記事は、朝日さんが書いた後に書きますね。

 

------------------

 

報道自由度、日本71位 ウクライナ情勢などによる規制強まる

 国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は3日、2022年の「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち日本は71位(前年67位)と順位を落とした。

 日本の状況について、報道について自由と安全を比較的保っているとしながらも、「中傷的」と見なされる投稿をリツイートしただけで政治家から裁判を起こされたり、東京電力福島第一原発といった「反愛国的」テーマを扱ったり、政権を批判したりする記者がSNS上で攻撃を受けていると指摘した。

 ウクライナ情勢をめぐり、独立系メディアなどを「外国の手先」と見なし、軍事的検閲を行っているロシアは155位(昨年150位)で、厳しい統制環境にあることが指摘された。

 1位は昨年と同じノルウェーで、4位までをデンマークなど北欧諸国が占めた。米国は42位(昨年44位)で、日本は主要7カ国(G7)の中で最下位。中国は175位(昨年177位)だった。

 

さあどうでしょう、当たってますかね*1。ちなみにRSFのインデックスはかなり見やすくなっていて、日本の状況も「記者クラブ」「政府や企業の圧力」などなど、細かめに書かれていますが、そんなことはきっと書かないだろうという予想です。これはまた後で。

*1:

こういう記事は気が楽で、予想が当たれば「それみたことか」と言えますし、外れても「おいおいがんばったじゃないか」と上から目線でものが言えるので、まああんまり行儀のいい内容ではないですね。朝日さんの記事がでたらちゃんとした内容に差し替えますね。

ロシアのオリンピック選手はうつろな目をしているか、曇りなきまなこで見定めよう

ロシアのオリンピック選手が、プーチン大統領と面会した際の画像がバズってました。

 

https://www.sports.ru/tribuna/blogs/interval/3037105.html

 

少々みなさんうつろな目をしていますが、投稿主はこれが「全てを物語っている」としています。つまり、みんなプーチンにうんざりしているんだ、みたいなことでしょうか。

 

いつもながら私は疑り深いので、明らかに動画の切り取りっぽいこの画像は、いったいなんなのかというところを調べてみました。結論としては、「朝会の校長先生の話を聞いた子供の気持ち」です。

 

【目次】

  • 4月26日、クレムリンで
  • なにをしゃべっているのか
  • すべてのシーンを見てみると…
  • 9分は長い!
  • 笑顔と神妙
  • 今日のまとめ

 

続きを読む

イギリス人はエーデルワイスが嫌いなのか、半径五メートルの世界

既に元ツイートは削除されているのですが、サウンドオブミュージックの「エーデルワイス」に関するこんな話が盛り上がってました。

 

togetter.com

 

イギリスでは「第三帝国」を思い出すから嫌われているという内容ですが、それに対して、「いやサウンド・オブ・ミュージックは戦後だし…」みたいなツッコミが入って「デマ」という形になっていました。

 

私はネットミームに関しては、デマかどうかもそうですが、火のない所に煙は立たぬ主義なので、どうしてそういう話が出たのか、という流れを考えるのが好きなため、そういったことを調べてみました。結論だけ書くと、「”エーデルワイス”の曲自体についてナチスを想起する人はどうやら一定数いるが、誤解に基づくものであるし、あまり一般的ではなさそう」ということのようでした。デマというか、自分の経験をどこまで一般化するかという話なんだろうなと感じました。

 

【目次】

  • 「エーデルワイス」について
  • エーデルワイスとオーストリア
  • エーデルワイスとナチス
  • ナチスとエーデルワイスと反ナチス
  • イギリス人はドイツをどう思っているか
  • 今日のまとめ

 

***

続きを読む

「破局噴火」はどうして広まったか、学術用語に歴史あり

トンガの噴火は、その地理的条件から情報が圧倒的に少なく、いろいろと不確かな情報が出回っていました。

その中でも、「破局噴火」はトレンド入りするほどそこここでささやかれていましたね。

 

f:id:ibenzo:20220116181828p:plain

「破局噴火」のTwitter検索結果 - Yahoo!リアルタイム検索

 

しかしながら、時間が経つにつれ、この「破局噴火」という語が不正確であることが指摘されだしました。今回は、どうしてこのように広まっていったのか、そこらへんの経緯を記録的に残していこうと思います。簡単に結論を書くと、「2chのデマみたいです!」と、「英語の”Supervolcano"の訳語として相応しいかもしれない経緯」です。

 

【目次】

  • 1月15日午後3時ごろ 噴火の情報
  • 午後3:11 「破局噴火」の初出
  • 午後6:09 NHK速報
  • 午後8:24 バズったツイート
  • 午後9:24 5ちゃんのスレッド
  • 午後10:02 朝日新聞の記事
  • 午後10:13ごろ まとめサイトに転載
  • 1月16日以降 いっぱい広がる
  • 「破局噴火」の歴史
  • Supervolcano=破局噴火なのか?
  • 今日のまとめ

 

続きを読む