読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

砂糖好きのパパは存在するのか。

今日もツイッターネタから。

hamusoku.com

 

幼稚園児が描いた「パパは砂糖が大好き」という絵が、明らかにヤクをきめちゃってるよっていう絵で「HAHAHA!」という感じです。

さあ、今日もこのやたら上手な絵について真偽を確かめていきましょう。

 

いつもどおり、この画像の出処を探します。

画像のGoogle検索および「My daddy really loves sugar」なんかで調べると、2013年の10月か11月あたりが初出かなあという感じです。*1

www.reddit.com

上記のサイトの投稿日が一応「2013年10月23日」あので、これを初出としましょう’(コメントが1年前表示になっているのが気になりますが)。

 

コメントはこんな感じです。

 

これ絶対大人が書いたでしょ・・・

It's clearly drawn by an adult....

 

文字の線はまっすぐすぎるし、色合いもよすぎる感じ。

The text lines are too straight and the coloring is actually good.

 

テーブルの遠近法が子どもにしちゃよすぎるよね。

The perspective in the table is also too good for a young child.

 

と、懐疑的です。ちなみに別のコメントがつけられるサイトでは、「WITH」が「WHIT」になっている点に着目していました。*2子どもらしい間違いというべきか、わざとらしいというべきか。いずれにせよ、この時点で、「幼稚園児」という線はどこにも情報がないので消えますね。

 

しかし今回は残念ながら本当の初出はわかりませんでした。しかし、他でも指摘されていますが、

①子どもらしくない遠近法と色づかい

②下のひまわりが4つあるが、コピペで使いまわしている

という点からも、子どもが描いたものに見せかけたというところは間違いないでしょう。向こうの面白画像サイトに初出時期に多く投稿されていることから、まあ元からそういうネタで描いたのかなという気がします。

 

今回気になったのは、その初出よりも、その画像を見た人々のコメントです。

たとえば、例に挙げたハム速さんのコメント欄から抜粋すると、こんな感じのコメントがあります。

 

子供じゃなくてイラストレーターの作品らしいけど

 

つりでも偽装でもなく、
これはアメリカの雑誌とかによく載ってるヒトコマ漫画だよ
それを流用して「逮捕された」ネタを付け加えたってわけ

 

しかし、イラストレーターの作品かどうかは判断できず、ヒトコマ漫画の元ネタがあるかどうかも確認がとれませんでした。この人たちはいったい、何の情報からそう判断したのか。

 

この作品がどうもネタくさいというのは、多くのコメントで指摘されているとおりで、それについては純粋に信じる人のほうが少ないかもしれません。しかし、「イラストレーター」や「ヒトコマ漫画」の真偽についてはあまり深く考えない人のほうが多いでしょう。騙されたことについての反証の理由がまた真偽不明なんて、二重のトラップみたいなもんですし。要するに、世のうわさというのは、こういう反証されない小さな理屈が、金魚の糞みたいにずっとくっついて、あらぬ方向へと流れていくんじゃないでしょうか、という気がします。きっとこの画像が何年か後にまた出たときに、「イラストレーターの作品である」みたいな尾ひれが、さも真実かのように語られるのかもしれません。

 

ちなみに砂糖はコカインと同程度の依存症状があるとか。

www.medicalnewstoday.com

まあ、この話もどこまで信じればいいのかわかりませんけれども。

*1:My daddy really loves sugar - Others - graphics | Funpic.hu - biggest collection of funny pictures and videos

は、投稿日はわかりませんが、コメントは2013年10月29日です。しかし、画像の一部分が切れているので、初出の画像ではありません。

*2:Child draws picture of father "eating sugar with his nose" as a school project. Can confirm, am box of crayons used. : thatHappened