読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

「世界で最も美しい顔100人」のアヤシイ感じ、駄目になった王国

カンガルー日和 (講談社文庫)

 

今年も「世界で最も美しい顔100人」が発表されました。

www.huffingtonpost.jp

日本の女優さんも入っているなんて、なんだか世界に認められているようで嬉しいですね(棒読み)。しかし、ハフポスの記事も指摘している通り、このランキングは、「TC Candler」という映画評論家が「世論を反映するものではなく、読者から提案を受けた内容を幅広く調べ、主観的にまとめたもの」であるので、そんなに公平なのかしらん、と思ってしまいます。

 

でも、きっと著名な映画評論家なのだから・・・と思って調べてみると、ああ、なんと、悲しい感じになってくるんです。このアヤシサは、過去にも指摘している人もいるんですが*1、まとまった形では意外になかったので、この「世界で最も美しい顔」ランキングのいとあはれな感じを指摘したいと思います。

 

 

***

 

 

TC Candlerについて

TC Candlerとは何者なのか。

 

彼のサイトは以下のサイトなんですが、

 

http://www.tccandler.com/

 

いやらしいことに、このリンクをふむと、リダイレクトでYoutubeの「世界で最も美しい顔100人」の動画に飛ばされるので、最新のアーカイブを貼ります。

 

Independent Critics by TC CandlerABOUT THE SITE | Independent Critics by TC Candler

また、「About Us」はそのままのリンクで見られるので、それも貼ります。

independentcritics.com

 

彼は自身を「プロの映画評論家で、『世界で最も美しい顔100人』のクリエイター」と自称しています*2

 

各種アーカイブから簡単に彼の生い立ちをまとめるとこんな感じ。

 

①1972年ロンドンに生まれる*3

②1980年代半ばからアメリカを転々とする(ちなみにこの頃は子どもです)。

③1997年に英語学の大学を卒業する*4

④1990年後半から始めた「Critical Mass Movie Reviews」という自身の運営する映画レビューサイトが、最盛期で月間25万UVの大人気サイトになる。

⑤2005-2007年の間に、他の批評家たちと立ち上げた「IndependentCritics.com」というサイトも人気になる*5

⑥また、「Coming Soon Magazine」というロンドンを基点とした月刊誌の雑誌の編集者でもあった。

⑦「世界で~」のランキングは1990年から始めている*6

⑧このランキングは、一般的な「セクシー」であるとか「有名」であるとかの基準ではなく、毎年投稿される100万ものサジェスチョンからリスト化したものである*7

 

経歴を見る限り、彼が定職という形で、きちんとした映画評論家を務めた経験が見当たりません。ただの映画好きのおじさんのように見えます。

 

果たしてそんなに人気サイトだったのか

しかし、月間25万UVのサイトなら、今ならブログ書籍デビューも果たしちゃう人もいるぐらいですから、それなりの影響力があったのかな?と百歩譲って考えてみます。

 

彼が④で始めたサイトの初期はこんな感じ。

web.archive.org

すっごくジオシティーズ感が出ています。しかしながら、2003年ごろのサイト下部には、8月の1日のPV平均が「170298」の記載があるので*8、この記述が真実ならば、人気サイトだったんでしょう。えーと、月にすると・・・約500万PV?今なら「プロ」ブロガーと呼ばれる*9ぐらいの方だったんでしょうか。

 

しかしこれは、現在彼が書いている「月間25万UV」と少々乖離していますし*10、まあUVとPVの違いだとしても、どう見てもサイトの作りがいくら10年以上前とはいえジオシティーズですし、設置されたカウンタは56万台で止まってますし*11、少なくとも、世界的に影響を与えたとまではいえないのではないでしょうか。有名な感じがしません。

 

また、本人が編集したとされる、「Coming Soon Magazine」ですが、「under the banner of The Independent Newspaper」とあり、「え、インデペンデント紙関係なの?」と思っちゃったのですが、アーカイブを見る限り*12、どう見ても自費出版のような感じですし、どこのメディアにも属さない「Independent」のマガジンということでしょうかね。

 

また、他の批評家と合同で立ち上げたという「IndependentCritics.com」ですが、

web.archive.org

一人はまだ18歳の青年ですし*13、問い合わせメールもYahooですし、結局方向性の違いで2008年4月には解散しています*14

 

で、Candlerは、「TCcandler.com」として個人サイトを立ち上げ、現在に至るというわけです。しかしながらこのサイト、人気があるとはいいがたいようで、そんなにコメントもついてないですし*15、現在まで影響力があるとはとてもいえません。公式Twitterは1万以上フォロワーがいますが、「美しい顔」ランキングの話とYoutube動画の紹介ばかりで、映画の紹介をほとんどしていません*16

 

要するに、個人で製作した映画評論ページが昔に運よく当たったけど、その後右往左往している映画好きのおじさんのサイト、ということです。

 

映画評論すらしない

そして哀しいことに、Cadlerは2016年の3月でもって、映画レビューすらやめてしまっています。

web.archive.org

 

「最も美しい顔100人」ランキングを彼が始めたのは2008年からなのですが*17、これは共同で立ち上げた「IndependentCritics.com」の頓挫の時期とかぶります。

 

彼も生活がかかっていますから、「最も美しい顔」ランキングが、好評だったことに気をよくしたのでしょう。次第にそちらがメインになっていくことがよくわかります。最新の「IndependentCritics.com」のアドレスのアーカイブをのぞくと、もはやMovieのMの字もありません。

web.archive.org

本当に「最も美しい顔」ランキングのサイトに成り果てています。ページもこぎれいになっていて、まるで何かの権威ある表彰ページのようです。このサイトの「About Us」の彼のコメントがまた、何と言うか、アイロニーです。

 

He currently splits his time between Las Vegas and the beautiful island of Barbados – where he devotes much of his time to THE INDEPENDENT CRITICS LIST and the search for THE 100 MOST BEAUTIFUL FACES of the year. Not a bad job, if you can get it!

彼は現在ラスベガスと美しいバルバドスの島で時間を過ごしています。そこで彼は映画批評のリストと「最も美しい顔100人」のリサーチに身をささげています。もしこんなことができるなら、悪くない仕事ですよね!

 

彼にまったく思い入れはありませんが、好きだった映画の批評すらやめて、楽して稼げる方法を学んでしまった人の末路という感じで、おとぎ話なら天罰が下るタイプのやつだと思います。

 

なぜアジアの人間が入っているのか

それにしても、この「最も美しい顔」リストにはアジア系の女優や俳優の名前がよく入ります。なぜか。

 

実はこのランキング、圧倒的に日本及びアジアの中でしか話題になっていません。

www.asiatoday.co.kr

j.people.com.cn

Facebookのページによると*18、投票方法はFacebookかtwitterか公式ページかメールで行ってね、というようで、確かにみんないっぱいコメントは残しているのですが、果たしてそこまで細かく集計しているのでしょうか。そもそも彼自身も「Of course, lists are always very subjective…(リストはひどく主観的だ)」と言ってますし、この集計・評価基準が実に不明確です。暇な人はコメントやツイートから検証してみてください。

 

これは推測にはなりますが、たまたまか狙ってか、あるときアジア系の女優の名前を入れたら、えらく現地のメディアが好意的に取り上げてくれた*19、アクセス数も跳ね上がった、これは使わなソンソン、という感じで、以降毎年のようにアジア系の女優や俳優の名前を入れるようになったのでしょう。だとすると、あざとい感じです*20

 

いけない日本のメディア

しかし、今回は私は、日本のメディアの取り上げた方がよくないなあと感じています。たとえば一例に以下の記事。

 

 米映画サイト・TC Candler が日本時間28日、毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」2016年版を発表し、女優の石原さとみが日本人トップとなる6位に選出された。

「世界で最も美しい顔100人」石原さとみが6位で日本人トップに - ライブドアニュース

 

まず、この書き出しでは、「TC Candler」が名うてのサイトのように思えます。が、実情は先述したとおりです。映画サイトと呼べるかどうかも不明です。同記事には「1990年よりスタートした」とありますが、これもアヤシイものです。1990年には彼は18歳ですし。

 

他にも、毎日は、「桐谷さんは毎年、発表される「世界で最も美しい顔100人」でも4度選出されていて」*21と、当然のように書いたり、J-CASTは「同ランキングは、「顔の美学的な完成度」を評価基準に1990年からスタートしたもの」*22と、よくわからない評価基準をよくわからないまま書いたり、結構素直にここまで書かれると、「TC Candler」は実はすごい人なんじゃないかと思えてきます。実は有名なんですか?

 

ほめられると悪い気はしないものですが、極論を言えば、これは映画好きのおじさんの個人的ランキングです。「ぼくのかんがえたきれいなおんなのひと100にん」という居酒屋談義のようなものが、ここまで日本でろくに吟味されることなく定着しつつある、というのが、日本人らしいといえば、らしいのかもしれませんけれども。

 

今日のまとめ

①「世界で最も美しい顔」を発表しているTC Candlerは、一時期ネットで人気だった映画レビューサイトの管理人というだけであり、特に世界的な名声はない。

②TC Candlerの公式サイトの人気は落ち目であり、映画レビューも現在は停止し、「世界で~」ランキング一本でがんばっている。

③ランキングは投票形式をとっているが、集計方法や評価方法など、不明瞭な点が多く、個人的な主観が多く含まれていると推察される。

④比較的大きなメディアで取り上げるのは日本などのアジア圏だけであり、ランキングによく含まれる欧米圏ではほとんど話題になっていない。

 

Candlerのレビューをいくつか読んでみましたが、私は内容について吟味するほどの力はありませんけれども、その数の多さや、彼の映画に対する情熱や真摯さというものは伝わってきます。彼の文章の魅力や誠実さというものが、日々の生活の方便に消えていくことに対して、私は「立派な王国が色あせていくのは」という文章を思い出します。「二流の共和国が崩壊する時よりずっと物哀しい」*23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:たとえば、

世界で最も美しい顔100人・・・TC Candlerって何者なんだろう? その2 - rocorinne bookworm

Wikipediaでも「個人」が強調されています。

最も美しい顔 - Wikipedia

*2:TC Candler is a professional film critic and creator of the Annual Independent Critics List of the 100 Most Beautiful Faces of the Year.

*3:TCCANDLER.com -- Movie Reviews and a Collection of High Resolution Celebrity Photos by TC Candler

ちなみにこのページで彼は自身を「ポーカープレーヤー」とも言っています。なんじゃそりゃ

*4:校名は伏せますがアメリカの大学です

*5:Independent Critics by TC CandlerABOUT THE SITE | Independent Critics by TC Candlerでは2007年まで。ABOUT US | THE INDEPENDENT CRITICS LIST by TC Candlerでは2008年と、なぜか終わりの年にばらつきがあります

*6:TC Candler presents The 24th Annual Independent Critics List of the 100 Most Beautiful Faces – 2013, which has been published, in various formats, every year since 1990

Independent Critics by TC CandlerThe "Independent Critics" List.... 100 Most Beautiful Faces of 2013 | Independent Critics by TC Candler

*7:Unlike many other annual publications, The Independent Critics List is not a popularity contest. It is not about the sexiest or the most famous. Rather, it aims to be a very international list and one that is inclusive of many cultures, lifestyles, professions and degrees of fame. The Independent Critics List intends to inform public opinion rather than reflect it. This list searches far and wide, listening to the millions of suggestions submitted every year, and tries to put together a list representative of the modern ideal of beauty.

Independent Critics by TC CandlerThe "Independent Critics" List.... 100 Most Beautiful Faces of 2013 | Independent Critics by TC Candler

*8:This site averaged 170,298 hits per day in the month of August, 2003.

New Reviews hitsというのはPVのことだと思うんですけどね。

*9:PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル? | ニュース | ブログ部

*10:ユニークビジターが25万なら、PVは500万ぐらいいくのかな・・・経験がないのでちょっとよくわかりません

*11:5周ぐらいしたのかな

*12:INDEPENDENT CRITICS - Coming Soon Magazine Page このページに「Independent Magazines」の協力があるという記載がありますが、インデペンデント紙のことではなさそうですね

*13:TC is 33. Richard is 40. Jacob is 18.

INDEPENDENT CRITICS - FAQ Page

*14: However, as with most things on the internet, it is changing. Due to scheduling issues and other commitments, the three of us are parting ways. 

IndependentCritics.com -- A Collection of the Best and Most Popular Film Critics on the Net

*15:たとえば2014年でも、ついてて5件ぐらい。いいねも2ケタ台

Independent Critics by TC Candler

*16:TC Candler(@tccandler)さん | Twitter

*17:Independent Critics by TC CandlerBEAUTIFUL FACES | Independent Critics by TC Candler

1990-2007はComing Soon!になっているのですが、アーカイブを見る限り、そんなものを発表した形跡はこれまでありません。辛うじて、1990年からの1位のみは載せているアーカイブがありましたけど。

TCCANDLER.com -- The Annual Independent Critics List of the 100 Most Beautiful Women in the World

少なくとも100人の発表を始めたのは2008年からでしょう。

*18:TC Candler - You can vote for The 100 Most Beautiful Faces... | Facebook

*19:日本は2010年からですね。佐々木希が名前に入ったからです。

「最も美しい顔100」に佐々木希さんが日本でただ一人選出 | ゆかしメディア | 1

*20:もちろん、投票形式のようなので、アジア圏の注目を浴び、組織的投票が行われたという考え方もできます。しかしいずれにせよ、公平なルールがあるようには見えません

*21:桐谷美玲:今年の“最も美しい顔”に選出 「私でいいのかな」 - 毎日新聞

*22:「世界で最も美しい顔100人」に石原さとみが19位で日本人トップ : J-CASTニュース

*23:『駄目になった王国』村上春樹(講談社文庫)P130