読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

白鳥が必死に水面下で足をもがく初出はなにか、梶原センセイの戦後

巨人の星 Special Blu-ray BOX 1(期間限定生産版)

 

誰もが一度は聞いたことある言葉、「水面を優雅に浮かぶ白鳥も実は水面下では必死に足をもがいてる」は、嘘だったという話。

 

 

確かに、そんなに必死な感じではないですねえ。

 

さて、今回はその真偽ではなく、初出についてです。このツイートの返信には、『巨人の星』の花形くんの言葉が原因ではないか、というお話があります。

 

 

花形くんは、

 

青い水面に美しく優雅に浮かぶ白鳥は/

しかしその水中にかくれた足で絶え間なく水をかいている/けっている/

だからこそ/

つねに美しく優雅に浮かんでいられる

ぼくはその白鳥であるためにも星くん…/

きみを打つ!

 

と言っています。

 

なるほど、広まったのはこのセリフかもしれません。しかし、これを「梶原一騎の創作」とまで言っていいのか*1、というのも疑問に思いました。

 

というわけで、今回はその初出探しです。一応追えるところまでは追いましたが、今回は図書館に行かずにネットの海だけで考えたので、何か追記があればぜひはてブにでもください。

 

*1:たとえばwikipediaの記述。

ちなみに、「優雅に泳ぐ白鳥も水面下では激しく足を動かしている」というフレーズが、漫画『巨人の星』の作中で登場人物の台詞として語られたことから有名になっているが、これは原作者の梶原一騎による創作であり、実際にはそれほど激しく足を動かしているわけではない。

ハクチョウ - Wikipedia

続きを読む

フランスのNTRの表現は多彩か、求むフランスのトモダチ

鍵・瘋癲老人日記 (新潮文庫)

 

私はNTR、いわゆる寝取られジャンルと呼ばれるものにあんまし興味はないのですが、フランスではその表現が多彩ですよ、というお話。

 

 

 

寝取られ男の表現が状態によって3種類もあるなんて、フランスは未来にいきてんな、という感じですが、同時に、「まーたテキトーなツイートか」と思っちゃうことも事実です。

 

ということで調べてみたら、意外に本当であるようなんですが、やっぱり意味がちょっとずれているようだったので、詳述していきたいかと思います。

 

 

続きを読む

ハチミツと育児の歴史、夥しい死者の群れ

 

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)

ハチミツを食べた赤ちゃんが、ボツリヌス症を発症し、亡くなったというニュースが先ごろありました。

 

その際、クックパッドなんかに、離乳食用にハチミツ入りのレシピが公開されていて、問題が指摘されておりました。

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

同時に、「ハチミツ」とボツリヌス症の関係が日本で注意喚起されたのは1987年と歴史が浅く*1、まだ十分に知られていないのではないか、という指摘もありました*2

 

「乳児とハチミツ」の危険性が、なぜ完全には広まっていないのか、という部分について、そもそも、「ハチミツ」と「乳児」がどのように日本で関わってきたのか、という歴史を今日は紐解いていきたいと思います。

 

*1:http://idsc.nih.go.jp/iasr/CD-ROM/records/08/09302.htm

*2:

 食餌性ボツリヌス症は以前から知られていましたが、乳児ボツリヌス症は1976年にアメリカ合衆国ではじめて報告されました。わりと新しい病気と言えます。日本での最初の報告は1986年ですので、30年ぐらい前です。そのころには蜂蜜がボツリヌス芽胞に汚染されていることが知られており、翌年の1987年には厚生省が1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう通達を出しています。

なぜ乳児に蜂蜜を与えてはいけないのか:朝日新聞デジタル

 

続きを読む

ペンギンは「飛べない」イメージか、山崎まさよしがペンギンマスター

こんなツイートが話題です。

 

 

私はこの方のツイートがとっても好きで、よい意味で意味の無い含蓄のある言葉を諸々呟かれているのです。今回もその一環なのですが、ずいぶん話題になってしまったからか、めずらしく、

 

 

「端的に言えば嘘です」と、フォローを加えていました。

 

でも、これだけ話題を集めるということは、「ペンギンは飛べないけどがんばる・がんばれ」みたいなイメージをみなさんが共有しているということなんでしょう。どうでもいいことが気になる身の上としては、どうでもいいと思いながら、日本の歌謡業界において、ペンギンはどういう立ち位置なのか気になってしまったので、調べてみました。今日はネタみたいなもんです。

 

続きを読む

サルに育てられた女の子は存在するか、オオカミ少女がいないように

インドでサルに育てられた少女が救出されたというニュースが話題です。

 

news.ameba.jp

 

「衣服を身に着けて」おらず、「サルの群れの中」で過ごす少女が保護されたんだとか。彼女は、「動物のように四つん這いで走り、床から物を食べた」り、「話すことはまだでき」ないとのこと。

 

 

どうもこうも疑わしいニュースです。調べてみました。

 

続きを読む

8時間を1000年に感じる薬は存在しない、現代の罪と罰

世にも奇妙な物語 DVDの特別編3

 

こんなツイートが話題になっていました。

 

 

イギリスで、薬を使って現実の8時間を1000年に感じさせる刑罰が考えられ始めているとのこと。例のごとくツイッターからまとめサイトへ貼られて拡散しておりますが、どーも調べてみると、そんな薬は存在しないだけでなく、話の主旨もずれているようだったので、今日こそ短めに記事にしたいと思います。

 

続きを読む

銃剣道はなぜ指導要領に入れられたのか、三度の文科省

九櫻(クサクラ) 木銃1・3米 GW1

 

どーも文科省ネタが続くんですが、今日話題になってた「銃剣道」の話。

 

www.huffingtonpost.jp

 

中学校の体育の「武道」の項に、「銃剣道」なる耳慣れない競技が入ってきて、人によっては「戦前回帰では」みたいな論調でも語られています。

 

私も浅学ながら初めて聞いた競技ですので、どうしてこの「銃剣道」が次期指導要領に入れられたのか、文科省の気持ちになって記事を書いてみたいと思います。最近長い記事ばかりなので、今日は短めにがんばりたいと思います。

 

続きを読む