読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

海外ニュース

8時間を1000年に感じる薬は存在しない、現代の罪と罰

こんなツイートが話題になっていました。 【恐ろしい】現実の8時間が、感覚的に1000年に感じさせることができる薬が開発可能現在、この薬を受刑者に服用させることで、懲役1000年の刑が英国で考えられ始めているそうだ。マンガのような話だが、科学技術の進…

トランプはプーチンを尊敬しているか、我々は無実なのか

本当に毎日ニュースに事欠かないトランプ大統領ですが、今度は「プーチンを尊敬している」という発言をしたとか。 www.asahi.com トランプ政権は確かに、ロシアへの親和政策をとっているので、さもありなんな発言ではありますが、英語の記事にあたると、微妙…

「サンタクロースは存在しない」と指揮者はなぜ言ったのか、今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます、なんですが、サンタクロースのお話。 news.livedoor.com 「アナと雪の女王」の音楽のコンサートで、指揮者が客席の子どもたちに「サンタは存在しない」と発言したことが物議をかもし、彼はクビになってしまったよという話。…

200記事になりました、暮れのごあいさつ

前回の記事で当ブログも200記事になりました。 ibenzo.hatenablog.com そろそろ2年目で、なんとか年内に200記事目を書けてなによりです。本当はもうひと記事書こうと思ったのですが、とても真面目に大掃除とお節作りをしていたら時間がなくなってしま…

「世界で最も美しい顔100人」のアヤシイ感じ、駄目になった王国

今年も「世界で最も美しい顔100人」が発表されました。 www.huffingtonpost.jp 日本の女優さんも入っているなんて、なんだか世界に認められているようで嬉しいですね(棒読み)。しかし、ハフポスの記事も指摘している通り、このランキングは、「TC Candler…

クロコダイルを強姦して殺された男はいるか、書き手の矜持

今日もおなじみスプートニクの話。 jp.sputniknews.com 「地元魔法使い」のすすめで、イン○テンスに悩む南アフリカの兄弟たちが、クロコダイルの強姦を試み、その最中に他のクロコダイルに襲われ死んじゃったという話。色々ひっかかりそうなワードが多くて困…

サーフェスはマックブックプロに圧勝しているのか、ミダスの見出し

マイクロソフトとマックという対立の構図は、もう永遠に変わらないのかもしれませんが、そんな二つの巨頭の話。 www.nikkei.com 「MSサーフェス、マックブックプロに圧勝」という記事タイトルなんですが、売り上げが勝っている話なのかと思いきや、「サーフ…

【追記】ベネズエラ経済に影響力のあるホームセンターの店員はいるか、Businessnewslineふたたび

【12/23 追記】 @nodakoさまより、本記事に関して有用なご指摘をいくつか頂きました。詳細は、当該記事をご参照いただくのが確実かと思いますので、リンクを載せさせていただきます。 venezuelainjapanese.com ワタクシの記事の訂正部分としては、 ・ドーラ…

コロナ・ビールの元社長は全財産を故郷の全村民に配布したのか、デイリー・メールは笑えない

コロナ・ビールで有名な会社の元社長が、遺産の230億円を、生まれ故郷の村の全村民に配布したとかしないとか。 irorio.jp という話が11月25日に話題になり、FNNもニュースで紹介してしまった感じなのですが*1、どうも誤報のようだということになってい…

ネットで知り合った彼氏がブサイクすぎて自殺しかけた女性はいるか、バイラルメディアと末摘花

古今東西、男女問わず、なるべくなら見てくれのよい方とお付き合いしたというのが人情ですが、それが叶わず自殺しかけた人という話。 gogotsu.com 中国の牡丹江*1に住む女性が、ネットで知り合った男性に現実世界であったら、あまりにも「ブサイク」で、7階…

「Twitterで使えそうな名言」はオバマの言葉ではない、民主主義の総本山

記事にするほどでもないんですが、気になったので。 jin115.com あるツイートで、クリントンの応援演説をするオバマのキャプチャ画像と共に、「ツイッターであおられて炎上するような人に核兵器はまかせられない」という彼の言葉と思しきものが拡散されてい…

昏睡後にスペイン語をしゃべりはじめた少年は存在するか、心の汚れた大人たち

先日、スプートニクがアクロバティックな誤訳をしたことが話題になりましたが、以前私が書いた記事も相当アクロバティックでしたよ。 ibenzo.hatenablog.com で、本日もそんなスプートニク発の話題。 jp.sputniknews.com サッカーの試合中に頭部を蹴られたア…

【確報】「無礼で傲慢」とノーベル賞選考関係者はディランを評したのか

【10/23 14:46追記】 Wästbergの今回の件に関するコメントが届きました。 www.dn.se DN(ダーゲンス・ニュヘテル)というスウェーデンの大手新聞社の記事です。「憶測で違う表現が伝わっている」として*1、こうコメントしています。 Det var säkert fem daga…

グリーンカードはイタリアで初めて出されたのか、サッカーの文化史

「グリーンカード」というと、アメリカのことを思い出してしまいますが、今日はサッカーの話題。 jp.sputniknews.com セリエBの「ヴィチェンツァ」に所属する「クリスチャン・ガラノ選手」が、フェアプレーをしたとのことで、その奨励賞である「グリーンカー…

NASAはブラックホールの撮影に成功したのか、宇宙は広いな大きいな

ちょっと前に、NASAがブラックホールを捉えたみたいな話が話題になってました。 news.livedoor.com 元記事は、誤報とテキトーな書き方で話題のTABILABOさんなのですが*1、NASAがブラックホールが星を飲み込む瞬間を「写真」として紹介し、なおかつ「実際の様…

直腸に金を隠した職員はいるか、音読みと訓読みの迷宮

いろいろ人は隠し場所に困るようで、という話。 news.livedoor.com カナダ造幣局の職員が、約1800万円相当の金を、「直腸」に隠して、数ヶ月にわたって盗み出したという話。読んだだけで、下半身がきゅっとなる話ですが、この話がどこまで正確なのか調べ…

Galaxy Note 7の爆発はオーブンなどのせいなのか、アナフィラキシー・メディア

Galaxy Note7の爆発事故は大規模なリコールに発展し、なかなか大変なようですが、先日こんな記事がでました。 blog.livedoor.jp サムスン側が、出火の原因は「オーブンもしくはファンヒーター」のせいであるという調査結果を出したということです。これに対…

【追記】リオオリンピックのカヌーの川にソファーは沈んでいたか、他オリンピックのガセネタ調べ

さて、なんだかんだで、みなさんオリンピックを楽しんでいるようで。しかしながら、ブラジルのリオは、色々と直前まで(今も?)ごたごたしていて、こんなニュースが。 jin115.com カヌーの選手が練習中に、川に浮かんでいたソファにぶつかったとか。ほえー…

ミス・アメリカは微妙な中国系女性なのか、時には耳をふさぎ目を閉じ

今年のミス・アメリカの優勝者が微妙なお顔の中国系女性だと話題です。 gogotsu.com まあ人の顔のことはとやかく言えるようなものでもないですが、なんとなく我々の思っている「ミス○○」からすると、ちょっとばかり・・・という感じがします。 さて、この女…

FFみたいなニューヨークのビルはできるのか、投機的デザイン

さて、ツイッターで、ファイナルファンタジーに出てきそうな超高層ビルがニューヨークにできると話題です。 今ニューヨークで「本当に建築計画が進行している」超高層ビルなんだけど、最近のFFとかに出てきそうなデザインがとにかく凄い。さすがは自由の国ア…

プーチンは死亡していたりISを殲滅したりしているのか、スレタイ詐欺にご用心

以前、江川さんだったか、日本人ほどロシア文学を読み込んでいる他国の人間はいないのではないか、と書いていたのを目にしましたが、どうもみなさんロシア関係の話題はお好きなようで、こんな記事がありました。 blog.livedoor.jp ロシアが「Admiral Kuznets…

マジックに失敗したマジシャンと女性のその後

マジックに失敗したマジシャンの話がニュースになってます。 blog.livedoor.jp 動画は閲覧注意ではありますが、紙袋のどれかに上向きの釘が入っていて、手で思い切り紙袋をつぶして、最後まで釘を残すというマジックのようで、それに挑戦した女性キャスター…

シリアルキラーの絵を燃やしている団体は存在するか、アメリカの夢・殺人者の夢

こんなツイートが話題を集めています。 ジョン・ウェイン・ゲイシーという、ピエロの絵で有名な殺人犯の作品を買い漁ってる団体があって、展示や資産価値目当てだと思われてたら、実際は殺人犯の書いた絵がもてはやされてるのに我慢できなくて、私財を投じて…

パスワードは定期的に変更してはいけないのか、デジタルネイティブの末路

お久しぶりでございます。どうしても眠くて眠くてなかなか更新できませんでした。更新できない間に、ああ、これを取り上げればよかったという話題がどんどん通り過ぎていきました。 さて、こんなIT関係の話が話題です。 nlab.itmedia.co.jp NIST(米国国立標…

ニコラス・ケイジは幽霊屋敷を買ったのか、言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

話題というほどでもないですが、こんなツイートが目につきました。 ニコラス・ケイジも「ホラー小説を書きたかったから」と全米屈指の幽霊屋敷を買って、やっぱり夜眠れないからという理由で売却、しかも小説も書けなかったという武勇伝がある — 加藤ヨシキ …

パリに70年間閉ざされたアパートがあったのか、情報ダイエットの金太郎飴

twitterのタイムラインで、以下の記事をたまたま見ました。 spotlight-media.jp パリで女優として活躍した「マルト・デ・フロリアン」という人が、パリから離れた後も70年間も家賃を払い続けていて、部屋がちょっとしたタイムカプセルになっていたというこ…

インドの郵便局はガンジス川の水を売るのか、私ってよく誤解されるんです

今日はちょっと短めな、新聞記事の検証。 インドの郵便局が、ガンジス川の「聖水」を通販する、という話。 this.kiji.is インドの「プラサド情報通信技術相」が、ガンジス川の「聖なる水」を、インドの郵便局で「インターネット販売」するように指示したんだ…

水は2回沸騰させてはいけないのか、「科学者」以前の彼らのように

先日、こんな記事が話題になっていました。 www.imishin.jp 同じ水を何度も沸騰させることで「酸素の構造が変化し」「ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性」が出てくるんだとか。 この荒唐無稽な話に、ネット上では「核分…

【追記】マヤ文明の遺跡を少年は発見したか、文化的焼畑農業

【5/13追記】 各種報道で、少年の発見に対する疑念が広がっているので、参照リンクを追記します。 www.washingtonpost.com gigazine.net Gigazineさんには当ブログ記事も紹介していただきました。 また、independent誌の博士の発言が削除されていたというこ…

自撮りの死亡数は49件なのか、「なんて時代だ、誰もが自撮りをしている」

ここ数年で、すっかり自撮り(Selfies)は定着したようですが、そういう中で事故も多いようで、こんなニュースが。 www.cnn.co.jp インドに住む少年が「けん銃を持って「セルフィー(自撮り写真)」を撮ろうとして」「誤って自分の頭を撃ち、死亡した」との…

ビルゲイツは人生に役立つ11のルールを作ってはいない、格言は鑑定書のない宝石

久しぶりに英語圏の話題を。 rabitsokuhou.2chblog.jp ビルゲイツの名言として、以下のようなものが広まっています。 1.人生は公平ではない。それに慣れよ。 2.世界は君の自尊心を気にかけてはくれない。君の気分に関係なく世界は君が仕事を終わらせることを…

ロボットは人類を滅ぼすのか、逆説的ターミネーター

ちょっと前の話題ですが、こんな人間そっくりのロボットの話が話題になりました。 jin115.com このロボットのインタビュー、何が話題って、最後に「人類を滅亡させたいかい?」という質問に、「オーケー、人類を滅亡させます」と答えた、というのが、「ター…

レイシストのAIは何をツイートしたのか、人工知能が見る夢は人類の夢

SF好きにはなかなか興味深いニュースが昨日、世界をかけめぐりました。 jin115.com マイクロソフトが開発したAIがツイッターを始めたところ、差別主義思想に洗脳されてしまい、わずか16時間で公開停止に追い込まれた、という話です*1。 各種メディアが既に…

ナッツを食べると健康にいいことずくめなのか、こっちのさくらんぼが甘いぞ

人間の健康の欲は計り知れず、「健康になるなら死んでもいい」と思っているような人もいそうですが、今日はそんな健康食品の話。 www.lifeaction.top ナッツを定期的に食べると「寿命がより長く、ガン、心臓疾患、呼吸器系疾患で死ぬ人も少な」くなるとのこ…

【追記・訂正】ドラえもんがフランスで放送禁止というのはウソである、意識高いイヤミは反省しなさい

【3月4日 22:47 追記】 さて、こんなにバズるとは思わなかったので慄いているのですが、いくつかご指摘頂いた点を青字で追記したいかと思います。基本的には本検証の大勢には影響はありません。 以下の3点です。 ①辻仁成の発言の確認(脚注1に発言をおこ…

台湾の地震で韓国の救援隊がスマホをいじってヒマしてたのは本当か、デカルトになりなさい

台湾の地震はまだまだ被害の全容が見えない部分もありますが、こんな記事がありました。 blog.livedoor.jp たった3人で台湾地震救助活動に韓国の人が向かい、だけど言葉が通じず特にすることがなくてスマホをいじってた、という内容です。記事には確かに3…

ニセモノのバス停はどこにある、人生は「めでたしめでたし」では終わらない

今日は短めな、認知症のお話。 hamusoku.com ハムちゃんはなかなか偏った記事も多いのですが、今回はドイツの介護施設に「ニセモノのバス停」があるという話。この「ニセモノのバス停」はニセモノなのでもちろんバスは来ないのですが、認知症を患った老人の…

パリ症候群の24時間ホットラインは存在しない、ウソっぽいホントっぽいウソの話

どうも日本にある海外記事の紹介は、眉唾物が多いのですが、その中でもらばQさんという、海外記事紹介サイトはいつもきちんとしている印象があります。ソースもちゃんと載せるし、翻訳もおかしくないし。 が、今回見つけた「「どう考えてもウソっぽいのにホ…

インド人が世界で初めて隕石で死んだのは(おそらく)誤報である、現実は大しておもしろくもない

インド人もびっくり!というのは古いネタではありますが、こんな世界初のできごとがあったんだとか。 wired.jp 2月6日、インド南部で、史上初となる「隕石落下による死亡」が発生したとのこと。被害にあったのはバス運転手の男性で、「不運な出来事」と述べ…

悪人の脳みそは善人のものより小さいのか、ソースが示されれば記事は喜んで取り下げましょう

ちょっと前に気になっていた記事に、こんなものがありました。 jin115.com 「米シカゴ大学の神経生理学者らが善人の脳の容積は悪人よりもはるかに大きいことを証明した」ということで、なんじゃそりゃとツッコミたかったのですが、他の記事を書いていた途中…

【訂正有り】WHOが喫煙映画を成人指定しろと勧告したのは誤訳であるというのは誤解である、ダブルチェックはいたしません

【2月5日追記】 以下、はてぶにて指摘がありました。 .@jishin_dema 「WHOが喫煙映画を成人指定しろと勧告したのは誤訳であるというのは誤解である」は不正確かなぁ。WHO広報で喫煙映画のレイティングを勧告してるけど、成人指定(18才未満禁止)の勧告はして…

スイスがベーシックインカムを始めるかも?というのは誤報ではないけれど、ダイレクトな民主主義って大変そう

スイスがベーシックインカムをするとかしないとか。 blog.livedoor.jp どこかで聞いたような話ですが、全国民に月30万円も支給するのは、財政的に厳しいんじゃないんでしょうか。記事には「ベーシックインカム制度の実現に向けて投票が行われる予定」とあり…

デンマークでは給食に豚肉を出すことになったのか、正義の味方は存在しないように悪代官も存在しない

今日は、ヨーロッパの難民問題の話です。 blog.livedoor.jp デンマークのラナース市の議会が、「デンマークの食文化を学ばせるため、学校給食では豚肉を用いること」の義務付けをした、というニュースです。 実際のところはどうなんでしょう、ということを検…

ヒャッハー!テキサスは銃を持って歩き放題だぜ!というわけでもない、我々はイメージの中で暮らしている

アメリカの銃社会における悲劇は2015年も数多くありました。最近ではオバマ大統領の涙ながらの演説も印象に残っています。 そんな中、こんなツイートが話題になっています。 spotlight-media.jp ライフルを持った人たちが、普通のスーパーやらカフェみた…

中国で父親が違う三つ子が生まれたのはアヤシイ話、確率的にはありうる話

新年一つ目の記事は、また中国の記事です。 jin115.com 三つ子が生まれた張さんのお宅。しかし顔があんまり似ていないもので、DNA鑑定をしたら、一人は自分の子どもだったが、他の二人は違う父親だったとか。別居中に妻が浮気をしたらしい。 そんなことはあ…

中国のオペラハウスはザハのデザインではないけどウソというわけでもない、なんだかカッコイイ

今日は短めの検証記事。 国立競技場がA案で決まりということで、ザハさんが「似すぎ」と言っていて、これもまたなにやらもめてそうですが、今日は別の話題。 alfalfalfa.com 中国でザハデザインのオペラハウスが完成して、なかなかすげー感じなので話題にな…

オランダでは免許をとるのにチョメチョメできる、ロジック・パラダイス

ちょっとシモの話が続きます。 spotlight-media.jp なんと、オランダでは、運転免許の取得レッスンに、代金の代わりにセックスで支払えるという法律ができた、というお話です。ちょっとオランダ行ってくる・・・! 確かに、オランダといえば、売春が合法となっ…

野菜を食べると絶倫になれるのか、エロい話がみんな好き

さて、ネタに困ったら秒刊さんです。 www.yukawanet.com 今回は、野菜を食べると性欲が増えるみたいな、ポストかセブンなみの下世話記事です。今日の記事はどこまで正確なんでしょーか。

「空気浄化費」なるものは存在するのか、噺が現実を駆逐する

前の記事でも書きましたが、中国の大気汚染はひどいもので、世界のネタ化してきている感じがします。 zapzapjp.com 記事には、とある中国のレストランが、「空気浄化費」なる名目で料金を徴収していたんだとか。 さもありなん、という気もしますが、さもあり…

100万ユーロは川に浮いていたのか、真実が知りたい

たまにスマッシュ記事を出せるようになってきて、そうするとたまにご質問も受けます。調べ方とか、記事の選定の仕方とか。 基本的には地道な作業です。 これはアヤシイなーという記事を見つけては元ソースを引っ張り出し、ああ大丈夫そうだと思ったらそいつ…