ネットロアをめぐる冒険

ネットにちらばる都市伝説=ネットロアを、できるかぎり解決していきます。

【検証中】北朝鮮の兵士の給料はいくらか、世界の終りと孫引きワンダーランド

大変ご無沙汰をしております。現実が忙しく、長らく更新が滞っておりました。加山雄三みたいな身分になりたい。 さて、先日テレビを見ていたら、池上彰さんが「いい質問ですねえ!」という番組をやってました。 www.tv-asahi.co.jp 色々な「数字」から、世界…

ブルガリアに独身税は存在したか、グーグル検索で世界を知ろう

かほく市の独身税に関するニュースで侃侃諤諤しているようですが、私はその中での「ブルガリアの独身税」の話が気になりました。多くの人がソースとしていたのは以下のサイトです。 houritsu-madoguchi.com ブルガリアでは過去に「独身税」を導入し失敗した…

宿題は悪影響という研究はあるか、桜桃の味

世間では夏休みが終わり、新学期というお子さんも多いことでしょう。夏休みの宿題は終わりましたか? 今日はそんな宿題の話。 ふむ。 pic.twitter.com/W2A1LSi9Hz — Mr.カトー (@Mrkat0) 2017年8月30日 とある新聞の記事で、アメリカの研究者が、「小中学生…

ロバを獣姦した少年が狂犬病を発症したニュースの真偽について、果たして人類の共生など

こんなスキャンダラスなニュースがちょっと前にネットを席巻しました。 www.narinari.com このナリナリさんのソースが「The SUN」と「Mirror」、「NYP」と、さもありなんなメディアばかりだったため、「こいつはさすがにウソだろう…」と思って呟きもしたので…

プーチンは「私は砂糖ではない」と言ったのか、限りなく真実に近いなにか

プーチンは日本のネット界隈で好意的な語られ方をする人間の一人と思いますが、こんなかっこいいエピソードが流れていました。 「無名戦士の墓」式典でプーチン大統領は大雨の中ずぶ濡れで参加。「なぜ傘をささなかったのか?」にプーチン大統領は「ロシアの…

【追記】マックのローストビーフバーガーは豚肉を使っているか、「ネットの反応」の様式美とオレオレ詐欺

【8/15追記その2】 J-castがなかなか突っ込んだいい記事を書いてます。 www.j-cast.com 「ローストビーフ」自体の調理法について広報に確認したところ、 提供する肉の形や量を均一にするため、牛肉を重ね合せて形を整えスライスしているのだと説明した との…

クールビズの28度は「設定温度」か「室温」か、君は何割の人間だ

少々夏バテぎみの私としては、苦しい毎日ですが、こんなニュースが話題になってました。 news.tv-asahi.co.jp 7割以上の人が室温ではなく「空調の設定温度を28度にする」などと、クールビズの前提を勘違いしていることが分かりました*1 とのこと。ところが、…

FacebookのAIは処分されてなんかいない、我々はSFになれない

簡単にtwitterでも呟きましたが*1、ここ1ヶ月の間で、Facebookが研究しているAIのチャットボットについて、SF的憶測が流れています。 web.archive.org *2 私の記事の養分ネタ元になる、おなじみスプートニクですが、実際はこれよりも前に、いくつかのメディ…

ホリエモンロケットは「失敗」だったのか、部分で全体を語らない

「ホリエモンロケット」*1の打ち上げに関して、こんなツイートが話題を呼んでいました。 日本「打ち上げ失敗」アメリカ「partial success」 pic.twitter.com/jWSAV5uSxz — ちょいちょい (@ChoiChoiAdv) 2017年8月1日 日本のメディアは「失敗」という表現であ…

東京都の小学生は五輪ボランティアに強制参加するのか、ファクトチェックの防犯対策

東京オリンピックは、ここにきて、木材の無償提供だとか、大幅な残業とかで揉めているようですが、こんな話がありました。 【悲報】都内の全小学校が「五輪ボランティア」強制参加へhttps://t.co/h32mdc7SJa学徒動員やな…国家総動員法復活不可避(;´Д`) pic…

「行ってくる」と「行って参る」に違いはあるのか、自己啓発的日本語の呪い

日本語は美しい、という言説はそれなりに支持を集めるようで、こんなツイートが話題になっていました。 「行ってきます」って言葉は「行って『帰って』きます」って意味があるから、死ぬってわかって出陣する人は「行って参ります」って別れてたの。日本語の…

ヒアリに刺されても死なないのか、後片付けが大事

すっかりヒアリという言葉が定着した日本ですが、「アメリカでは年間100人死亡」という言説が、環境省が否定したという話が、現在まとめサイトなどで広まっています。そのソースが日テレのニュースなんですが、記事タイトルが「ヒアリ死亡例確認できず 環境…

キアヌのゲイ疑惑のコメントのコピペの出所、可能性の王国

2年ほど前に、キアヌのゲイ疑惑に関するコメントについて記事を書きました。 www.netlorechase.net コメントのコピペはこんな感じ。 インタビュアー「キアヌ、君はゲイであるという噂もあるし、バイセクシャルであるとも言われている。本当のところは、どう…

朝日の「隠れ待機児童ワースト10」の気になるところ、オープンソースの共通化

朝日のこんな記事が目に付きました。 digital.asahi.com 朝日新聞が87の自治体を調べ、「隠れ待機児童」のワーストランキングを作ったものです。もちろん記事の主意は、現在の「待機児童」の数が実態に合っていないものなので、その課題を浮き彫りにするも…

ドイツの「同性婚」報道は世界でどのように伝えられているか、ひとりをこえてゆけ

先ごろ、ドイツで「同性婚」の合法化案が可決されたとして、大きく報じられました。 headlines.yahoo.co.jp この「同性婚」という日本語に対して、以下のようなツイートが、私の興味を引きました。 今日「ドイツで同性婚が合法化された」と日本で報道されて…

【追記その2】高野山の猫禁止にまつわるエピソードの真偽について、本日はスピード重視

【6月28日追記】 金剛峯寺に問い合わせしたところ、さっそく返信が来ました。対応が早いのが素敵ですね。ちなみに金剛峯寺にしたのは、やっぱり総本山として元締めっぽいからです。 あくまで、テレビでの放映された見解は無量光院の僧侶の見解であり、「…

「○○のせいで罪を犯した」は有り得ないというアメリカの調査は存在しない、パスカルの賭け

とある漫画家の方法を真似て犯罪を犯したという人がいて、表現の自由などとからんで色々と物議をかもしていました。 www.huffingtonpost.jp それに関連して、私は2万件近いリツイートをとっている、とあるツイートが気になったんですが、諸般の事情でそのま…

北欧では妖精の土地調査を行うのか、更新が滞っております

みなさんは妖精を信じますか? 北欧では広く信じられているようで、こんな話が。 北欧の公的機関が土地調査をする際に妖精の有無を確認する、という話を読んで、「21世紀にもなってメルヘンすよね〜」と先輩に話したら、「日本も地鎮祭やるだろ」と返され真…

ブルーギルが日本に広まったことについての憶測について、Wikipediaを侮るな

ときどき私は自分のブログのエゴサーチをかけて、一喜一憂したりすることもあるんですが、時折、「これネットロアさんで調べてくれないかなあ」みたいなツイートなんかに出くわす時もあります。たいていはあまりにも難しかったり、自分に興味がなくて調べず…

中東の自爆テロのエピソードの真偽について、カソウテキの行方

先日もイギリスでテロがあったばかりですが、こんなツイートが話題を集めていました*1。 中東のどこだったか、学校前で自爆テロがあり、大混乱の現場で、「みんな、そっちは危ないから近づかないように! こっちへ!!」と落ち着いて呼び掛ける人がいて、そ…

ドバイの乞食は月収800万円か、記事を読むマナー

ドバイというといまやお金持ちのイメージですが、こんな記事が話題を集めています。 gogotsu.com 「ガルフニュース」が、「ドバイの自治国と共同で約60人の乞食を相手に月の収入を調査」したところ、「物乞いだけで月に27万ディルハムを得ていた」とのこと。…

たまごっち教授の発言は批判されるべきか、みんなリセットボタンを押している

たまごっち、という響きから、私はそんなに昔のにおいを感じないのですが、あれからもう二十年も経ってるんですね。今日は当時のブームの話。 《たまごっちは危険きわまりないおもちゃ》私たちはどうしても肩書きにはつい騙されてしまう。一流大学の名誉教授…

映画『メッセージ』の宇宙船のモデルはばかうけか、内容も呟いてね

私は、あんまり壮大ではないSF*1が好きで、レイ・ブラッドベリのいくつかの短編や、最近だとケン・リュウの『紙の動物園』が面白かったですね*2。 紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1) 作者: ケンリュウ,伊藤彰剛,古沢嘉通 出版社/メーカー: 早川書房 発売…

ダニエル・イノウエの宣誓の逸話は本当か、ウソをウソと見抜くことは難しい

ホノルル空港の正式名称が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に変わるという話が、ちょっと前にニュースになりました。 www.asahi.com 日本ではそこまで有名ではありませんが、日系アメリカ人初の下院議員、そしてハワイの英雄でもある方です。 ということ…

ダンキンドーナツで警官は無料になるのか、タダほど高いものはない

消防車がうどん屋にとまっていた話に関連して、ダンキンドーナツとアメリカの警察の話が話題になっていました。 ちなみにアメリカの「ダンキンドーナツ」というドーナツ屋チェーンでは、制服で来店した警察官はドーナツ無料という経営戦略を取っていて、それ…

ヴォイニッチ手稿は解読されたのか、ロマンを食べたい

ヴォイニッチ手稿というと、15世紀の謎の暗号のような本、ということで有名ですが、これをロシアの数学者たちが解読したのではないか、という話が出ています。 blog.livedoor.jp 久しぶりにまとめサイトなんかをソースに持ってきてみますが、ここのスレに…

白鳥が必死に水面下で足をもがく初出はなにか、梶原センセイの戦後

誰もが一度は聞いたことある言葉、「水面を優雅に浮かぶ白鳥も実は水面下では必死に足をもがいてる」は、嘘だったという話。 「水面を優雅に浮かぶ白鳥も実は水面下では必死に足をもがいてる」実際に白鳥の近くに寄ってみたらあいつら浮力で浮いてますぜ移動…

フランスのNTRの表現は多彩か、求むフランスのトモダチ

私はNTR、いわゆる寝取られジャンルと呼ばれるものにあんまし興味はないのですが、フランスではその表現が多彩ですよ、というお話。 フランス人、NTRジャンルひとつとっても、寝取られる男の性質で「コキュ(寝取られていることを知らない男)」「コルナール…

ハチミツと育児の歴史、夥しい死者の群れ

ハチミツを食べた赤ちゃんが、ボツリヌス症を発症し、亡くなったというニュースが先ごろありました。 その際、クックパッドなんかに、離乳食用にハチミツ入りのレシピが公開されていて、問題が指摘されておりました。 www.oricon.co.jp 同時に、「ハチミツ」…

ペンギンは「飛べない」イメージか、山崎まさよしがペンギンマスター

こんなツイートが話題です。 ペンギンを歌った歌は必ず「飛べないけどがんばる・がんばれ」という趣旨の詞を含む。ペンギンは驚異的な進化で卓抜した泳ぎの能力を獲得したのであり、飛べないことなどどうでもよい。余計なお世話である。カモノハシの歌に「が…